売上の目標設定は1.5倍から2倍を掲げてサンドバッキングを取っ払え!

私の今の所の年間売上目標は2000万円に設定している。

誰にも吹聴していないので、これを読んでいる人だけが知っていることだ。

主にストック型のビジネスでの売上げなので、自分にとってまずまずといったところだろう。

ちなみに、この数値には根拠がある。どうやって決めたのかというと…

話は代わるが、私が知っている取引先の一人でもあるITエンジニアは「僕一人でで4000万円は売り上げられる」と言っている。彼の仕事っぷりを横目で見ているが、仕事を横に流してマネジメントと営業業務に徹すれば、そこまで行けるのだと思われる。

今の自分にそこまでやる力量はまだないと思っている。

だが、ゆくゆくは自分だってそうなりたい。

あとは、もう少しフロー型のビジネスを成功させて、自由な時間を作っていかないといけないと思っている。ブログのアフィリエイトもフロー型のビジネスだ。メンテナンスは必要だが、うまくやれば固定の利益を得ることが望める。

ちなみに年間売上目標を、はじめ独立した時に1000万にしようかと思ったのだが、色々なことを兼業でやれば、1000万の売上を作るのは、割と簡単であるということがわかった。

だが、年間1000万を目標で突っ走ると大切なことを見失うことに気づいた。

1000万を売り上げて満足して終わってしまうことに気がついたのだ。

土日も夜間も働き続ければ1000万は越えるけれど、それって自分が望んだ仕事ライフだったっけ?違うよな。むしろ、これで目標の1000万円を達成しても時間を身売りしているだけで、どんなに頑張っても売上2000万円にいつまで経過しても到達できないじゃないか。仕事のやり方を変えなければやっていけない。私の仕事には問題がある。まずは1000万円をうりあげよー!それから、次に行ってみよー!なんて、いかりや長介みたいなことを言っていてもしかたがない。

まあ「金持ち父さん貧乏父さん」なんて読まなくても誰でも知っていることだが、ストック型のビジネスは極めて効率が悪い。フロー型のビジネスにしないと一人で効率よく収益を上げることはできない。今の最大限より次に繋がる売上の作り方をしないとどっかで頓挫する。

年収1000万円というのはすごいようで、実はずるい目標設定だったことに気がついてしまった。自分の時間を売ってがんばれば達成できる数値だった。これをサンドバッキングという。わざと低い目標を掲げてそれを達成して「俺すごい」と思い込む哀れな姿のことだ。自分にずるかった。自分に甘かった。

私は年収1000万は達成たものとみなして、それに2倍を掛けることにした。目指すは売上2000万円だ。今の私の時給を売っても稼げる金額ではない。何か策を打たねば年収2000万円は無理だ。まあ、商品を仕入れて広告費をかければ設けは出ないかもしれないが売上はつくれるけれど、私はそういう仕事は好きではないので確信がなければそういう商売をしない。確信ある商売なんてそうはないので、今はそういう商売をやる気はない。原価というかコストを最小にしながら2000万円を目指すことになる。

目標を達成することに「がんばる」ことは変わりないが、がっついてがんばるだけではうまくいかないことになる。がんばるっていうのは思に汗をかくことを思い浮かべるが、それではダメだという思いがある。これはもう、がんばらないで稼ぐ戦略を使う舵を切らざるを得ないと言ったほうが良い。そういうシフトをがんばらないといけない。だが、それがいい。達成できない目標を、どうしたら達成できるか考えるようになるからだ。自然とアイディアが湧いてくる。数値計算が倍々ゲームになっていなければ、2000万円は到達できない。

よく自己啓発本やビジネス本に書いてあることは本当だなあと思う。がっつくかなくて収益を挙げなければ売上なんて伸び悩むということはやってみれば分かること。あとは目標設定値を消して下げないこと。投機的な行為をして数値達成を死んでもしろなんて無理はいらない。ただ、現在のままではうまくいかないことを踏まえた上で中長期を見据えた上で短期的な目標を達成する指向性はないといけない。

この売上2000万が達成できたら次の3000万や4000万が見えてくると思う。フロー型のビジネスが増えればそれぐらい行くだろうと確信している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました