白くまVSキクラゲ

男は思いつきで言った。

「そうだ、こんど博多に行こう。白くまを食べに九州に行こう!」

 

…スイーツを食べたいなんて、別に女子ウケするから言っているんじゃない。

俺は、ただ甘いものが食べたい。

まあでも、白くまを食べに行こうと言われて、嫌だと思う女の子もいないはずはない。

ちなみに、白くま発祥の地はWikipediaによれば鹿児島らしい。

福岡県久留米市に在る丸永製菓が、「九州名物」と銘打って「白くま」のアイスを販売しているものだから、

九州の食べ物だと思っていた…まあでも、そんなことはどうだっていい。

女は少し首をかしげた。

「いや、わたし”白くま”って気分じゃないの」

えっ…さらに、追い打ちをかける言葉を言い放つ女さん。

「豚骨ラーメン…」

ああ、そうだよな、俺も豚骨ラーメンは食べたいし、

「博多ラーメンも、もちろん食べたい」

女ははっきりと首を横に振った。

「ラーメンじゃないの、ラーメンの上に乗っている。黒いコリコリしているの。あれは何?あれが食べたい」

男は戸惑った…キクラゲ…なのか?

…あれってキクラゲでいいんだっけ???

まったく自信がない…間違えたメンツがない。

…というか、キクラゲだとして、一体なぜキクラゲなんだ?

なぜキクラゲが食べたいんだ???

白くまよりラーメンのトッピングが格上だとでも!?

おそらく日本一キクラゲを食べられてるラーメン屋!高円寺「ラーメン万福」の『キクラゲ定食』が美味すぎる!

むしろ、こういうところでキクラゲだけ食べておけばいいんではないか?

 

…夏になり、白くまを食べていると、そんな思い出を思い出す。

思い出は孤独を癒やす…というのは嘘。

それどころか、孤独に拍車を掛ける、記憶が思い出される。

白くまは黒いキクラゲに塗り替えられてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です