【戯言】2021年の都議会選に出ている泡沫政党が面白い

徒然草2.0

個人的に興味深いと思うのが「日本公益党」です。国政から距離を置いて直接的に地方とネットワークを築く…他の仕組みのことなども含めて基本的にはとても面白い発想が多い気がします。時代にとても合っています。早い話が東京は日本国から独立してしまえばいいわけです。都民ファに期待した(もしくはもともと関わりを持たなかった都議会議員)を応援するのがいいと思っています。まったくもって人気がないので応援をしているだけ…ということもありますが…。めざせ群雄割拠時代!与党と準与党と官僚が結託した、中央集権政治をぶっ壊すチームというのが確立しないと、政治が面白くならないでしょう?って単純に思います。少数政党同盟が多くないと政治のゲーム的な指向性が失われてしまうので、つまらないです。。。あとは後藤輝樹先生の「SDGs党」でもいいです。知らんけど、基本的にはいいことを言っています。わりと真面目なんだなと思います。少なくとも私より100倍真面目な人だなと思います。他の泡沫候補や泡沫政党も興味深いですが、殊更調べる気が起きないので、NHKあたりがしっかり泡沫政党の報道やらすべきです(私はNHKみないけど)し、まとめサイトの構築なりをして等しくブロードキャストして行かないといけない気がします。ネット時代の政党ポータルを真面目に作るというのはいいかもしれません。それに人生費やす覚悟というか、事業としてスケールを大きくし続けていかないといけないですが。日本の政治に絶望したエネルギーがこれだけあるんだぞ!ということを、世に示さないといけない。デジタル全体主義に押し潰されない情熱と票数がこれだけあるんだゾ!という状態にすることがまず重要です。つーわけで、投票に行きましょう。ゴミも積もればなんとやら。

追伸…選挙結果 (2021/07/05)

全体では自公が過半数をとれず!都民ファーストが議席を減らすのは目に見えていまいたが…入れるところがなかったので無党派層の反自民な人たちが、都民ファーストへいれた感じなのでしょう。他の野党政党も基本的には純増かちょっと減った感じ。生活者ネットワークは議席を減らしていた。

自分の地域の選挙結果は予想していなかったけど面白い感じでした。私の住んでいる地域の選挙区(興味がある人は調べてください)は、自民党と都民ファーストが敗退をしていました。自民党からの推薦をされた人が2人もいたのに1人も入りませんでした。票を分け合ってしまったんでしょうか。選挙で勝って過半数をとらねば成らなかったとしても、票が割れてしまったということだと思うので、愚策でしたね。完全なる計算ミス。大誤算。テレビやマスメディアや偏ったネットのスキームをもとにした予想をたてているのでしょうか。自民党が勝つ見込みがまったくありませんでした。

自民党候補の演説を聞いても、オリンピックに関しては話に触れないか「安全に実施する」の一点張り。世論がオリンピックに反対か無観客でやるべきだというのに(今現在は無観客もありという協議もしているようですが)ゴリ押しのやり方にウンザリした!というのが明らかになった選挙だったのではないでしょうか。

東京都知事の小池百合子が病気から復帰して応援したことが決め手という人がいるけど、それは違うんじゃないかなぁ…というわけで2021年の都議会選挙は面白かったです。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました