【戯言】防音対策にイヤーマフを買ってみた…無音世界の彼方にさあ行くぞ!

徒然草2.0

はじめてのイヤーマフ。そういえば夜は落ち着いて作業ができるが日中はなんだか心がざわざわする。自分が夜型だからか???なんていうふうに思っていたけど…夜と日中の違いとして、周りががやがやしているかどうかの差じゃなかろうか???と思うに至る…いや、以前から思っていたが…徹底的に改善する方向で動いてみようと思う。

ダイニングルームの片隅にあるデスクなので生活音がダイレクトに聞こえるが…やはり、料理の音とかピアノの音とかは色々と過敏になる。ただイヤホンから音は聞こえてほしい…ということで遮音性が高いヘッドホンをすればいいのかな?ということで調べていたら、別に音が出なくてもおとが遮ることができるエアーマフというものがあるらしいので安いものをとりあえずポチってみた。

KB-22という製品で800円ほど。送料込み。めちゃくちゃ安い。耐久性が悪いもので500円ぐらいのものもあったが、とりあえず800円で様子を見ることに。JIS規格に通っていないが英米だかの規格に通っているらしいので遮音性という意味では安心していいのだろう。ほんとうは3Mのものが会社が有名という理由では良さげだけど、最低価格のもので3000円ぐらいからなので…これをずっと付けてPC仕事ができそうだ!となれば買ってみようと思う。つけ心地という意味ではそこまで「ヘッドホンを付けているのが苦痛だ!」と思ったことはないが、イヤーマフは頭への締め付けがかなりキツく作られているらしい。たぶん、そこまで長時間つけるものではないし、耳あて周りなどにボロが出てどんどん買い替えが必要になるものだと思うので2000円以下のものをローテーションしていく感じで使いたい。

キツくて痛いという意味では…ヘッドホン型よりも逆にカナル型イヤホンの方が耳の中が痛くなって外したりしたくなることが多いかな。あえて無音世界に行くなら…イヤーマフ+カナル型イヤホン(もしくは耳栓)などの組み合わせを使うのがよいらしい。アマゾンレビューはいささか良く書かれすぎている物が多いが、生活音から開放されて「もっと早く買えばよかった」という声が多いので…まあ、まずは騙されたと思って買ってみた。

ちなみに、Amazonでいろいろなものを購入しているが…あまり満足していない(苦笑)例えば今わたしの手元にある集音マイクは本体に物理的なスイッチが無いので使いづらいったらありゃしない。タッチでマイクのオンオフは切り替えられるが…PC電源が入っているとスイッチがオフでも赤いランプ(LEDなのか結構明るい)がついていて夜だとそれが眩しいレベルで、モノを上において見えないようにしていたりする…中華製品は微妙に使いづらくて…もうちょっと気の効いた製品にしてくれると嬉しいのだが…と思ったり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました