ていうか、音楽って誰のもんだっけ?レッドブル・ミュージックフェスティバルのCMがカッコいい

ていうか、音楽って誰のもんだっけ?
アーティストとリスナーのもの
あなたと私だけのもの

ストリーミングだろうが、CDがなくなろうが、音楽は変わらない。
そもそも、音楽にカタチなんかないから。

トップチャートだけが正義?
女は可愛い歌しか歌っちゃいけないの?
金と名誉のため?

ちがう。ちがう。ちがう。

音楽はコンテンツじゃない。
芸術だ。武器だ。生身の自分だ。

音楽はマーケティングから生まれない。
感情から生まれる。

音楽は人を選ばない。
圧倒的に自由で平等だ。
境界線はない。
誰がやったっていい。
どこでやったっていい。
言葉と音、それさえあればなんだっていい。

音楽の解放区。レッドブル・ミュージックフェスティバル。

Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 60 sec.
Red Bull Music Festival Tokyo 2018 TVC – 15 sec.

レッドブル・ミュージックフェスティバル 2018
https://www.redbull.com/jp-ja/music/event-series/red-bull-music-festival-tokyo-2018

※このyoutubeCMは最後まで見せられる。大変味のある映像と音楽、そして言葉の数々。乃木坂だか欅坂だか知らないなにかのアイドルのCMが表示冴えると早く広告よ消えてくれ!と思うが、これに至ってはついつい最後までのせられて最後まで見てしまう、人を乗せる力があって非常に秀逸な理想的なCM動画である。つい音楽をカテゴリーでくくって、身構えてしまう私にとって、そんな用意は要らないのだよ。魂が震えればそれでいいのだと教えてくれる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました