【戯言】ヴァン先生、フリーランスってこんなに厳しいと知ってて私を行かせたんですか? ヒドイです。

徒然草2.0

…てなことをある人に言われましたが、仕事っていうのはソンナモンではないでしょうか。

サガフロ2のミーティアがエッグ(ラスボス)で言うセリフ「ヴァン先生、こんなのが相手だって知ってて私を行かせたんですか? ヒドイです」を変えてみました。サガフロ2が好きですが、最近インペリアルサガだかサガリユニバースとかがそれなりに成功しているのか、サガフロ2を知るヒトが筆をとったテキストとかが出回っていてそれを目にする機会があって嬉しいです。

ヴァンアーブルって、ネーベルスタンの戦闘にも一応でてくるんですね。サガフロ2に追加シナリオとか作ってくれるとありがたいんですが。そういうのも最近のソシャゲーにはあるのかな?

そういえばサガフロ2はギュスターブ家とウイリアム家の2つの家の三代記だと思っていましたが、シルマール→ヴァンアーブル→ミーティアも王家を支えた補佐官(大臣?)教育係の術士としては非常に重要な立ち位置ですね。シルマールいなければギュスターブ13世は母親と共に消されていましたし。

…で、労働の話ですが…労働者に最適化された仕事が渡されるはずもありません。逆に、労働者に最適化されている時点で、すでに加工済みの食品。ただの即席麺みたいなもの。手順が決まっていて、1~5のプロセスを守るだけで誰でも食べられる状態であれば、最低時給の労働者を雇えばいい…いいや、そんなのそのうちAIにとって変わる労働です。

AIではお高級すぎるので、安い人間が使われる。そうして今まではヒトがしていた仕事をAIにやらせていたのが、AIにできない仕事を探すように変わり、やがてAIが人間に仕事を与えるようになり、そして労働などという言葉も死語になっていくんだと思います。

人間もいらないかも。

(何の話をしていたんだっけ?)

ああ、サガフロ2の話でしたね(違)

コメント

タイトルとURLをコピーしました