引退するための生活費シミュレーション

仕事は嫌いではありませんが、時々みかける若くしてセミリタイア、または若くしてリタイアした人を見かけると、やはり羨ましく思えてしまいます。

自分がリタイアメントするには、一体どれくらいのお金が必要となるのでしょうか?

一度、試算してみたいと思います。

こども1人と夫婦2人の場合ですと…

ざっくり家賃を低めの10万(郊外にひっそりと住む)手取りの生活費が30万円だとします。

40×12=約500万円が必要ということになります。

私は会社員でないので、住民税や保険料込みなので、若干多め。贅沢はしません。ただ、夫婦2人で、ウチの人は勤め人でないので、年金が貰える量は少ないため。65歳で月15万は無理でしょう。せいぜい10万前後かと思います。

…なので、年金は家賃で相殺され必要な生活費30×12=340万円が必要。株で年間配当(税抜き)で340万を儲けようと思ったら…1億あれば3%で300万なので単純に計算して1億にするためには1億2000万くらい必要になる。たぶん、不動産にしたほうが資産価値が株より目減りしにくく(その分、キャピタルゲインは見込めない)ので安定するんだと思います。ただし、私の周りには不動産の成功者があまりおらず、株にしてもそうですが不動産オーナーは自分の失敗を隠す傾向があるので、あまり信用できません…まったく人が住んでいない日の当たらないアパートを安くオフィスとして使わせてもらったりね^^;

余談ですが、40代になると介護保険料が徴収されるそうですね(絶望)。ざっくり月6000円ぐらい年間にして7,8万くらい負担が増えるそうで35歳の今から絶望です。

ただここで思うのが人はいつか死ぬってこと。年金生活にはいったら一人頭2000万あればそれを切り崩していけばいい。金融庁がまとめた資料は、めんどうなので目を通していませんが、これは30年間切り崩して85か90まで生きたことを仮定している。

本当は怖くない「老後2000万円」報告書の中身 | 投資
この報告書をまとめるにあたり、私たち市場ワーキング・グループは12回にわたって議論を行いました。内容は、少子高齢化が進む社会への提言として極めてまっとうなものだと考えています。ところが、なぜか「老後は2…

例えば、50で1億円の金融資産があれば…3%のリターンが望める場合は…10年間の間年200万円を切り崩しながらセミリタイア生活をして、6500万円強の現金が残ると思います。

死ぬときにお金を残さない生き方というのは、なかなか日本人にはなじまないのかもしれませんが、欧米だと家を担保にして生活したりする方法があるかと(あとで調べてみよう

…なので、死ぬ頃に資産が0になることを前提に考えますと、あんまり金はいらないことになりますね。

結論

ざっくりいうとやっぱり1億円ぐらいの金融資産が必要。できれば2億。

コメント

タイトルとURLをコピーしました