SAAを取得するための覚書3

  • クラウド型 <=> オンプレミス型
  • AWSならではの「7つのベストプラクティス」
    • 故障に備えた設計で障害を回避
    • コンポーネント間を疎結合で柔軟に
    • 伸縮自在性を実装
    • すべての層でセキュリティを強化
    • 成約を恐れない
    • 処理の並列化を考慮
    • さまざまなストレージの選択
  • アソシエイトレベルの試験とプロフェッショナルレベルの試験がある。
    • プロフェッショナルレベルの方が上
  • SAAは2年更新。2年更新するか上位資格を取得しないと失効する。
  • リージョン=地域
    • 各リージョン間は専用線によって結ばれている
  • アベイラビリティゾーン(AZ)=データセンター
  • AWSのアイコンをシンプルアイコンと呼ぶ
  • AWSの3つのサービスレベル
    • リージョンレベル
      • Amazon S3
      • Amazon DynamoDB
      • Amazon SQ5
      • AmazonClloudSearch
    • AZサービス
      • Amazon EC2
      • AmazonRD5
      • Amazon ELB
      • AmazonElasticCatch
  • グローバルサービス
  • AZサービスレベル
  • グローバルサービスレベル(どこのリージョンからも利用可能)

コメント

タイトルとURLをコピーしました