Adobe Illustrator CCで学んだ基礎的なこと(サマリー)(3)

徒然草2.0
  • 破線を引く
    • 線パネルのチェックボックス(破線)にチェックを入れるだけ
    • 間隔や先端を調整すれば様々な破線を作成することができる
  • 鉛筆ツール
    • フリーハンドで線を書くことができる。
    • 鉛筆ツールで書いた線をスムーズにし直すことができる:スムーズツールを使用する。鉛筆ツールを長押ししすると、スムーズツールが選択できる。鉛筆ツールで書いた線が選択された状態で、スムーズツールで撫でると線がなめらかになる。
  • ブラシツール
    • 様々な形状のブラシを使うことができる。
    • ブラシの形状は、書く前でも書いた後でも変更できる。
    • [ブラシライブラリ]→[アート]からいろいろな形状を選べる。
    • パスに対して様々な形状のブラシを適用することができる。
    • ブラシの形状は自分でオブジェクトを登録して作成することができる。
  • ブラシの形状をパス化する
    • ブラシツールで描いたオブジェクトは、あくまで線の形状である。形状をパスとして扱いたい場合は[オブジェクト]から[オブジェクトのアウトライン]を選べばよい。
  • 袋文字の作成
    • 文字ツールで文字オブジェクトを作成
    • [ウィンドウ]の[文字]で書式を整える
    • アピアランスの線を選択した状態でメニューバーから[新規線の追加]を選ぶ
    • アピアランスのパネルの線や塗のレイヤーをマウスでつまんで入れ替えることもできる。
  • アピアランスの分割…オブジェクトや文字の分解と考え方が異なる
    • オブジェクトや文字オブジェクトのアピアランスを分解するには、[オブジェクト]→[アピアランスの分割]を選択する。
    • さらに文字オブジェクトを編集したい場合は、[書式]→[アウトラインの作成]を選ぶ。
    • 線の情報をアウトライン化する場合は、[オブジェクト]→[パス]→[パスのアウトライン]を選ぶ。
    • 文字のアピアランスはグループ化されているので、ダブルクリックして編集するか、グループ化を解除して編集すればよい。
  • 透明度の変更
    • 透明パネルからオブジェクトの透明度を変更することができる。透明度はアピアランスで表現されているのでアピアランスパネルから操作することも可能である。
  • 画像の扱い
    • 画像には大きく分けて「埋め込み」と「リンク」がある。埋め込みは…イラストレータに画像を読み込んで埋め込むが、リンクは[ファイル]から[配置]してリンクされた状態を意味する。画像の変更があった時にフォルダパス上の画像を変更することで、イラストレータ上の画像も変わる。ただし、人へデータを手渡す際は、データ構造を意識して手渡ししないとリンク切れなどになってしまう。一長一短あるので注意したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました