戯言。自己中心的自己肯定。

徒然草2.0

仏教では宗派によって解釈は違えど、自我を捨てられることが悟り。

…で、自分を捨てることが求められる日本社会。

なんか、この2つ合致シている気がする。。。

邪魔な自己が消えればいいのにと、何度も思ったことが在る。

が、消えないんですよね。

…というより結論から言えば消しても何もいいことない。

他人にとっては在るかもしれないが。。。

軍隊の駒とか、カルト教団の信者とか、都合のいいところでは求められる人材。

スタンリー・キューブリックの映画「フルメタル・ジャケット」で、訓練中にラリった訓練生が上官を撃ち殺したのに既視感を覚えた。

行き着くところはこれだ。

このくだらない世を生きていく才能。

もっとも必要ながら、社会から求められないこともあるという、極めて矛盾したモノ。

うぬぼれ。己の自我。自己肯定感。ようは自己中。自己中心的状態の維持ができればいい。

それを維持するために、自己中心的になり、自画自賛を繰り返し、自己肯定の暗示をかけまくる。

それで、どうにか正気を保っている。

無意識にそれができていて、それが他人にとって嫌らしくない人なら、人生イージーモードかも。

まっとうなやつほど、まともじゃない。まともじゃないなら、この世にもういない。

だから、まっとうなやつのふりをするために、まともじゃないことをやり続ける。しんどい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました