戯言。パリピ孔明を2話まで見た感想。思ったより面白いが…

徒然草2.0

ネタバレあり。

現代の渋谷に転生した諸葛亮孔明の話。

売れない歌姫というかシンガーソングライター・月見英子のため策を練り、夷陵の戦いで使用したと言われている石兵八陣(せきへいはちじん)を使用し、お客さんを英子の前に留まらせてコンサートを成功させる。

聞けば素晴らしいのに売れないって設定もちょっと無理があって、こじつけている感じがする設定ではある。というか孔明が渋谷にいる時点で、とんちんかんな話ではあるが(一体どこに住んでいるんだ?)、音楽と三国志と似つかないテーマの融合という意味では難しいのに、今のところ上手くまとまっていて非常に面白い。

現代に必要なのは知略だ。あと、エンターテイメント。

コメント

タイトルとURLをコピーしました