【戯言】ナマケモノの生存戦略が素晴らしい

徒然草2.0

前世がナマケモノだったgomiryoです。省エネとドケチという言葉がわりと好きです。

このナマケモノという動物と似ている気がします。顔もどことなく似ている気がします。私は生来の怠け者(?)なのかもしれません。

「ナマケモノ」の生き方 – YouTube

怠け者の特徴

0.1日に20時間の睡眠をとる。
1.敵に見つからないように木の上で過ごす。
2.食べ物は1日8g…消化はバクテリアによって行う。
3.1分で動ける距離は2mほど。
4.体力を使わぬよう哺乳類には珍しい変温動物(寒い日が続くと、栄養が消化できず、満腹なのに餓死する)
5.1週間に1回のトイレの時は体に苔と蛾をまとわりつかせるために地上へ降りる
6.ワシやジャガーなどの敵に襲われた時は、諦めて痛くないよう体の力を抜いて殺される。
7.逃げる能力がそもそもない(早く動けば体温が上がりすぎて死ぬ)

生き残るために変わった習性なり特徴を持つ生き物はいますが…ここまで徹底しているって、逆に生きることを「悟っているな」という気がします。あと人間と同じ哺乳類なんで、ぎりぎり真似ようと思えば真似られる?

私もナマケモノのように動かず毎日ごろごろして過ごしたいものです。

なんか、たまにそれだと人間腐るとか言う人いますが、別にナマケモノは腐っていないのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました