スポンサーリンク
徒然草2.0

小さいワークを蔑ろにしない

最近、プログラミングを上達するには、「小さいプログラムをいくつか書いてみることだ」ということに気づきました。算数ドリル的に繰り返し身につくまでやらないとダメだということ。なんとなく表面的にその情報を読んでやった気になるのが自分の悪い癖です。...
徒然草2.0

that’s rightのthat’sとはなにかという疑問がとけたという話

英語の学習を1日20分やりなおすことにした。 英文作成でまず気になったのはtheyとthoseの違いです。 あとはtheseとthereとthoseの違いについて。 そういえば中学生の頃から意味わからないと思っていましたが、 よ...
徒然草2.0

ActiveRecordがNodatabaseErrorを吐き出す夜

ある方のrailsアプリを拝借中です。はい。エラーです。rake db:migrateをすれば動くと思ったのですがデータベースが無いと言われるミッドナイト(寒)。 db:create:allと言うのを実行しないといけな...
徒然草2.0

【怖い話】嫌なことの先送り

東京都の町はずれで一人暮らしをしていた頃の話です。 夜中に突然、呼び鈴が鳴りました。 ネットサーフィンを楽しんでいた私は急な来訪者に興が冷めてしまいました。 こんな時間に誰だろう「ああ面倒だ」と思いながらしぶしぶドアを開け...
徒然草2.0

人工知能の進化…特化型と汎用型

少し前まで人工知能は、人っぽくなかった。 人口無能というチャットボットは、すぐボロがでた。 コンピュータがこちらの意図を理解するなど夢だと思っていた… というほどでもないが、まだ人間のように意識を持つには、まだ時間がかかる...
徒然草2.0

仕事に優先度はない

今やるべきことを、今やっとくだけ。 したがって、優先度という考え方は、まちがっている。 優先度が低いものは、やらなくていいもの、ではない。 いつか、やらなきゃいけないものであるだけではないか。 優先度が低いものは、常...
徒然草2.0

まずい料理を安全かつ簡単に作る方法

小学生のときに「誰が一番まずい料理を作れるか?」という大会を主催したことがあります。 各々がこれを混ぜたら「まずくなる!」と思うものを混ぜる創作料理大会というわけです。 ちなみに、この大会にはルールがあって、「料理」でないと出品...
徒然草2.0

文章が下手でもブログを書いている人がいる

私のことです。 ブログを書いていない人に、ブログを書いてはどうですか?と勧めると、 「私は文章を書くのが下手なんです」とか「私は文章を書くのが好きではないんです」とか いろんな返答が返ってきます。 好きではないならし...
徒然草2.0

働き方に必要な戦略「知識の汎化」と「労働力の特化」

戦略には二種類しかないように思います。 満遍なく広くバランスよく分散させて、エントロピーを増大させてリスクを減らす方法。 ※エントロピーとは熱力学の用語で拡散している様を表す言葉です。 この戦略を「汎化」と呼びます。 ...
徒然草2.0

プログラミングで月に1億円を儲けることは理由(わけ)ないことだ。

プログラマであれば月100万円を売り上げることは簡単です。 …というより月に1億円を稼ぐことも夢ではありません…という話をしています。 ところが、私自身が簡単にそれをやっていない現実があるので、すこし過大広告ですが^^; ...
徒然草2.0

Qiitaに投稿してみた…いいねがきた、編集リクエストがきた

Qiitaというものが何なのか分かっていないのだが、 先輩からの受け売りであるが(知識なんてそんなものだが)、 私が以前からずっと気になっていたことについて書いてみた。 if文は条件分岐ではない 文章力がない自覚...
徒然草2.0

英国風パブのHUBでラフロイグを飲む

インターネットでよく言われていることのようだが、、 「アイラモルトのラフロイグは正露丸の味がする」という触れ込み。 それを聞いて、いつか飲んでみたいと思っていたが、昨日に機会に恵まれた。 瓶で買ってもいいが、少し高...
徒然草2.0

ブログのすすめ。ブログで思ったことを記録する意味

結論から言うと、ブログを書くことは、あまり意味がない。 ただし、強いて言うならば、「発見」はある。 例えば、ブログを読み返してみると自分は昔こんなことを書いていたんだっけ!という発見があって面白いことがある。 書いたことを...
徒然草2.0

おひとりさまの「システム」草案

googleで「おひとりさまの」と入力して検索すると、 おひとりさまの「ランチ」 おひとりさまの「老後」 おひとりさまの「女」 いろいろなものが出てくる。 おひとりさまの「ブログ」などというものも出てくる。 ...
徒然草2.0

鬼畜島は人間とは何かを考えさせるグロ漫画である

無料漫画アプリで鬼畜島という漫画を読んでいる。 はじめは大学のサークル連中が旅行で孤島に訪れたら、豚の皮を被ったやつに猟奇的に殺されていくという、いわゆるジェイソン形式のシナリオだと思っていたのだが・・・そういう漫画ではなかった。 ...
徒然草2.0

プログラマは孤独ではない…むしろ世界と1つになれる趣味&仕事

「プログラミングって孤独な作業ですよね~」 とプログラミングを教えている生徒さんに言われたことがあります。 夜中に黙々と作業しているイメージだからだそうです。 たしかに傍(はた)からみたら孤独に見えるかもしれません...
徒然草2.0

例のプールがある新宿御苑のサンモールへ

先日は新宿御苑へ行きました。 IT系のある仕事を紹介されたから顔合わせに行ってきたのである。 で、その企業様はサンモールという建物にありました。 あ、ここに以前にもきたことがある…デジャブではない。 たしかA...
徒然草2.0

一貫性のない主張というか非論理的な人間

自分は良い発想ができていると思って、いざ話をしてみるというか主張してみると、どうしてもしどろもどろになる。 自分ではつながっていたと思っていた点と点が、まったくつながっていなかったということに気がつく。 A地点からB地点は行き、...
徒然草2.0

「サルでもわかる」という言葉は嘘だ!表現として嫌い!

私は「サルでも分かる○○」というタイトルの書籍やサイトが好きではない。 サルでも分かるはずなのに、よく分からないのが癪(しゃく)に障る!からである。 「俺が猿に負けるわけがないだろう!」 と思うのだ。 だが、よくよく考えて...
徒然草2.0

プログラミングは手段でも目的でもない!という話

「プログラミングを学ぶことが目的になってはいけない」 「プログラミングで何をやるかが重要」 「プログラミングは目的ではなく手段に過ぎない」 …などと、したり顔で言う人がいます。 ――少し前に私もわかったような顔をして...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました