戯言。不動産投資なんて自分には無理という幻想。

徒然草2.0

さっき「ゼロから始めて1年以内のリタイヤを目指す不動産投資の出口戦略」みたいな動画を見てきましたが、バリバリの不動産営業チックな人がでてきて再現性に乏しいなあと正直思いました…。人相学じゃないけど、もう顔の造りが自分と違うじゃないですかw自分はこの人にはなれないw…ただ、時間に縛られず何かをするとなると、不動産売買の金融知識をつけて行動するという選択は悪くないなーと常日頃から思っています。そういう意味では「無理」という気持ちを「幻想」であり「心のブレーキ」と認識するところから始めないとな…と思います。

自分に「ITフリーランスでどう儲けるの?」と聞かれたら必要な知識をつけて勇気をもってトライするだけだ…ってことになるわけですが汗…という意味ではこの不動産王さんと分野は違えど言っていることが同じなんですよね汗。

「夢を叶えるために必要な知識を効率的に得ること」「勇気を持ってトライすること」という、この2つが難しいだけであり、誰でもできます…ていうのが共通項です。…ただ…それなりに労力がかかるのと、1人で取り組むと道を失いがちだから、経験者にサポートしてもらうのがいいのでは?ということになる。不動産の取引も誰でもできるけど、知識と勇気が必要というのは、何ら変わらない。結局は知識を得ることを拒んだり行動を拒むブレーキを緩めていかないければならない。

大人になってからノウハウを得てスキルを身につけるというのは…つまりそういう過去を捨てる活動が一番むずかしいってことを自分も重々承知している。そこまでバリバリとやる気も正直なところ沸かないんですよね(だから、人間はそう簡単に変われないということになるのですが…)ものごとを初めるのに年齢は関係ないですが可能な限り早いにこしたことがないと思う一方、心のブレーキ要因がどうしても生じてくる。

ただ、過去の実績は未来の状態と関係がない…という思いで行動していかないと人は変わらない…これが行動心理学的な観点からの自己啓発における真実…って言ってもいいかなと思います。

人が変わらないと今が変わらないわけで「自分には無理」と思う気持ちが最大のブレーキ要因であり、それをいかに取っ払うか?ってことがどうしても求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました