雑記。Zガンダムを48話まで見た感想。

徒然草2.0

Zガンダム48話を見ている。

…なんかこれまでいろいろ合った気がするけど、なにか特別に思うところはあまりなかった気がする。

少し前の話の道中でアポリー中尉がお亡くなりになったのは、とても寂しかった。脇役としていつか誰かを庇って死ぬポジションだと思っていたけど、案の定ファを庇ってお亡くなりになった。ジャミトフ閣下って一体何だったんだろう。サラは…申し訳ないけど何とも思わなかった(汗)はじめから死亡フラグが立っていますし。

視聴者からすると、シロッコはともかくバスク・オムが死なないと終わらない気がするけど、どうなんだろうか。シロッコは遅れて登場したけど、自分の野望で生きているだけみたいだし、ストーリーのボスではないという位置づけだと思う。ちなみに、バスク・オムはテリー伊藤っぽいなという印象しかない。つーか、全体的に一体なんの話だか、そもそもわかっていない。

ハマーンとカミーユが「人はわかり会えるんだ!」っていう思念をぶつけ合うのはいったいなんだったのか?すぐに亡くなったフォウとロザミイは何の関係なのか。戦争の道具である強化人間って可愛そうだね、と同情しながらカミーユの活劇を見ていればよいのだろうか?途中までそれとなく面白かったのだが、ロザミヤとレコア(苦笑)とかがもうどうでもいい。ガキ…いや、お子様と呼びましょう、曲りなりにも教育者がガキという言葉を良くないと思うのです。DXマツコや安富歩が小泉進次郎をガキと言うて批判していますが、あまりよくない言葉だと思うのです。まあ、そういうなにも大人の事情を知らないお子様が迷惑も活躍する話がガンダムだと思っていたのですが、レコアに関しては単に「シャアがかまってくれないがゆえの暴走」で視聴者からしたら、そんなの知らんがなという感じです。レコアに強く同情したいという人がいたりするんでしょうか。しらんけど。

複眼的に様々な角度でお話が見られるように作っているのかもしれませんが、今の所はテーマがバラバラだなという印象しかない。まあ、それでいいのでしょう。たぶん。

…などと書いていたところ、レコアがバスク・オムをビームで瞬殺していました。さようなら、テリー伊藤。カミーユは少し前にロザミアをビームで瞬殺。さようなら、謎の妹キャラ。

しかし、いやはや、何が何だか感想を語っている側からわけがわからなくなってきました。前半はそんなに人が死んでいませんでしたが、後半は死のオンパレードですね。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました