laravelでTodoリストを作るチュートリアルをやってみるの巻

Laravelを学ぶのにもっとも適しているチュートリアルはこちらのブログ記事らしいので、こちらをMacで実装してみようと思います。まず、laravelをcomposerでインストールする。任意のフォルダで以下のコマンドを実行。私の場合はホームディレクトリにPhpProjectというディレクトリを作成しました。

composer global require “laravel/installer”

echo export PATH=\”$HOME/.composer/vendor/bin:\$PATH\” >> ~/.bash_profile

exec $SHELL -l

bashを再起動してみたつもりが、、

bash: /Users/ryouichigomi/.profile: No such file or directory

で、エラーになった。.profileがないとエラーになっている。たしかに.profileは物理的に存在しないが.bash_profileは存在するので問題ないと思うのだが上手く行かない。とりあえず空の.profileを用意してexec $SHELL -lを実行したところ問題なくbashが再起動されたと思われる。

入門Laravelチュートリアル (3) ToDoアプリのフォルダ一覧表示機能を作る | Hypertext Candy
この連載記事では、Laravel を使用した Web アプリケーションの開発方法を紹介します。実際に(お決まりの?)ToDo アプリを開発する手順を通して Web 開発のエッセンスを学んでいただけるよ

のサイトのTODOリストを今回は作成するので「todo1」というプロジェクトを作成するため下記のコマンドを実行した。

composer create-project –prefer-dist laravel/laravel todo1

…インストールをしばし待つ。

routes/web.phpに、「Route::get(‘/folders/{id}/tasks’, ‘TaskController@index’)->name(‘tasks.index’);」と記述する。意味は、このパス「’/folders/{id}/tasks’,」にアクセスしたらTaskControllerのIndexメソッドを呼び出す。なお、nameメソッドで’tasks.index’という名前をつけているが、これはアプリケーション内でURLを参照したいときに用いるとのこと。

「php artisan make:controller TaskController」でタスクコントローラを作成。

app/Http/Controllers/TaskController.phpにindexメソッドを追加する↓

public function index(){
return “Hello world”;
}

プロジェクトフォルダに戻って「php artisan serve」を実行して下記のアドレスへアクセス

http://127.0.0.1:8000/folders/1/tasks

これでHello worldと表示される。

 

 

参考URL

・https://qiita.com/nemui_/items/a62637a6aa173cbb8b09

・https://wa3.i-3-i.info/word13652.html

・https://qiita.com/haxpig/items/ae9b89a6244d4b392bf9

コメント

タイトルとURLをコピーしました