フロントエンドへの通信は1アクション1回に留めるべきでは無いだろうか?

「APIはシンプルにしておき、データリストを取得して、
フロントで頑張ってもらったほうがいい」と、
自称できる人風な方が言っていたんだけど…

私はいかなる場合もデータセットは1回の通信でとってくるべきだと思っている。

改修で必要なデータリストが1つ増えたらどうするの?

フロント回収するの?それは別にいいけど通信3本になるけど。それってヤバい拡張方法だよね。

…それなら、最初から1つにしておいたほうがよくない?

表示のための加工をバックエンドで破綻するからフロントで、がんばってもらう…って、
ただのフロントへの丸投げだと思う。

「いかなる場合もデータセットは1回の通信でとってくるべき」

でもこれ、フロントとバックエンドのしごとが別れた以上、それを統括するアーキテクトはそこまで考えんの?

APIしておけば分業できる…ていどにしか考えていない人が、多いのでは?いったいその辺どうなっているんだろう?

…などということを考えて、データセットは1つ。なるべくフロントで頑張るようにしている。

あくまでWEBブラウザやスマホはシンクライアントという位置づけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です