CentOS7にPHP7.2.17とMySQL 8.0をインストール

mysqlの最新は5.7 -> 8.0になったらしい。

# yumをupdate
# defaultで--obsoletesがonになっているらしい。obsoletesとは「すたれたもの」という意味で、不要なパッケージを削除してくれる設定
yum update --obsoletes
# PHPのインストール可能リストをチェックしてみるとPHP5.4で入るらしい…古い
yum list | grep php*
# php7系は既存レポジトリから落とせないっぽいので、追加
# 参考にしたQiita記事:https://qiita.com/ozawan/items/caf6e7ddec7c6b31f01e
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
yum install --enablerepo=remi,remi-php72 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt

いくつかのシャドウオブジェクトでWarningが出ていた…これで大丈夫なのか。

一応、updateされたようだ。
php -v
>PHP 7.2.17 (cli) (built: Apr 3 2019 10:02:16) ( NTS )
>Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
>Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

MySql8.0をインストール

# 最新のリポジトリ追加
rpm -ivh http://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-2.noarch.rpm
# インストール
yum install mysql-community-server
# バージョン確認
mysqld --version
/usr/sbin/mysqld  Ver 8.0.15 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server - GPL)
# 起動
systemctl start mysqld.service
# パスワード確認
cat /var/log/mysqld.log | grep password
# 初期パスワード等の設定を対話型で行う
mysql_secure_installation

参考URL:https://enomotodev.hatenablog.com/entry/2016/09/01/225200

※それとなくPHP7.2とMySQL8.0が入ったらしいMySQL8の性能に期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です