個人的にメルカリで買ってよかった食品3選!

メルカリで得たあぶく銭を食べ物に換えて消費しています。

個人的に買ってよかった食品を3つ紹介したいと思います。

干し芋

メルカリでは結構な農家や業者っぽい人がいますが…茨城産の紅はるかの丸干しを買って初めて食べました。スイートポテトのように柔らかくて甘くて美味しかったです。今まで平干しの干し芋しか食べたことが無かったので感動しました。

ただ、個人的には普通の平干しをまとめ買いするのがコスパが良くて最高だと思いました。平干しの芋は、ちょっと小腹が空いた時にそのまま食べることができて、携帯食として持ち歩くのにも優れています。

食べる量をビニール袋にいれてポケットにいれるだけ。手も汚れませんし、ぼろぼろとカスが溢れたりしません。唐芋や人参芋の固めの平干しがよかったです。

干し柿

農家さんが作った高級柿がリーズナブルな値段で購入することが出来ます。

干し柿はわりと好きな食べ物の1つですが、お値段が高めなのであまり頻繁に食べられません。子供のときも1つか2つしか、一度に食べたらダメでした。それもそんなに品質がよくないやつです。それでも同じ量のお菓子と比べたら断然に高い。

メルカリでもわりと干し柿は割高です。手間がかかるから、当然かもしれませんが。たまに訳ありで小ぶりの商品などが安めで大量に出品されていることがありますが、個人で食べる分にはこれで十分でした。逆に高級な干し柿は柔らかくジューシーなんだけど、個人的には固めでギュウギュウと実が詰まっている感じの方が、好きだということもわかりました。

子供の頃に食べた干し柿も固めのやつだったので…干し柿といったら硬めのモノが好みになったみたいです。

コンビーフ

沖縄食品のコンビーフを買いました。コンビーフハッシュと言ったほうがいいのかも。ポテトにコンビーフがまぶしたような食べ物でレトルト素材の小袋にいれられています。

たぶん、沖縄で安く買えるものを郵送で送ってもらっているだけで転売商品だと思いますが…安くて日持ちする動物性蛋白質としてはとても便利です。本土では買えるところに行かないと買えませんし(本土なんて言葉を使うと沖縄人っぽいかも^^;)。

私が購入したコンビーフは、ホーメルとあと2社(どこか忘れた)の色々なタイプのコンビーフがパックになったもの。

スーパーで買えるノザキのコンビーフなんかも嫌いではありませんが、最低価格のものでも2,300円するのでオツマミにしたってちょっと高い。気軽に買えるコンビーフハッシュはちょうどいい価格です。

登山食としてこのままでも食べられる!と思って実験的に買いました。まあ、脂が固まっていて結構ベタベタするので加熱して食べたいかな…というわけでこのまま食べる登山食には向かないかなと思いました。食べるなら鍋を加熱して脂を溶かしてリゾット風の食べ物にすれば美味しくいただけるんじゃないかな。(そこまでするなら、コーンスープの元などで代用したほうが楽だったりしますが^^;)

まとめ

…というわけで、これからも色々な食品を買ってみようと思います。

第一回、メルカリ食レポでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です