「24 -TWENTY FOUR- 」のジェイミーが国家を裏切ったのは(ハッカーの)給料が安すぎるせい…他

ネタバレあり…って、タイトルに書いてしまいましたが。シーズン1の8話目。

CTUの裏切り者は、スーパーハッカーのしゃくれアゴがチャームポイントのジェイミーだった。彼女は30万ドルのお金が欲しくて、ジャック・バウワーの情報を敵に流した。シングルマザーで子供を育てなければいけない彼女は、お金が欲しかった。

みんなの2倍を働いているのに、給料は半分(ジェイミー談)

...って、これはつまり、CTUがハッカーに支払う給料が低いことが、情報流出の問題であるってことじゃないか。

子供を養える賃金をハッカーに支払っていれば、情報漏えいのリスクを未然に防げ、ひいては一連の事件そのものを潰せていたはずではないか。とはいえ、CIAに努めていたエドワード・スノーデンも日本円にして1000~3000万円くらいの年俸もらっているのにアメリカを捨てたが。

とにかく、すべての情報を握る者は、高給取りでしかるべきだと思う。

ジェイミーに心のスキをスタッフにつくらせたのは、CTUにも責任があるのではないだろうか?(つーか、従業員の身辺調査くらいは、しておかないのだろうか?ジャック・バウアーは彼女の息子の名前も知っているようだったが)そのへんの事情を知っているリーダー格のジャック・バウワーにも一因はある。

つまりは、これ因果応報である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です