灯油異臭事件・灯油の入れ方を知らない人

自宅に帰ってきたら部屋が灯油臭い...。

 

「なんかヤバいことあった?」と心配になりました。

 

原因発覚

 

ウチは灯油は、10のタンクなのでノズル式のやつをキャップを付け替えて、ストーブのタンクへ移し替えているんですが...なんと、ウチの同居人が、それを漏斗のようにタンクの口に指して、タンクの灯油を流し込もうとしていたらしいのです。

ノズル式の給油口は、全然、漏斗っぽくないですが。

それを漏斗代わりにして灯油のポリタンクのキャップを外し上からドバドバ注いだようです。

だから、盛大に床に灯油をこぼしながら給油していたのだそうです。

家を燃やす気ですか? 想像するだけで「そりゃあ溢れるよね」と言うしかない。

...っていう事件が起こったので、記念に書いておきます。

そういえば、中学生の時は同じ灯油入れをやらされていましたが、大人になってもできない人がいたら困るので、これを当番制にして男も女も関係なくやったらいいのでは?と思いました。重いかもしれないけど、一人で生きていく時代ですし、一人ですべてできないといけないと思います。

灯油ストーブは禁止されているから、使わないって声もあるかもしれませんが、使わないといけないシーンがあったら困るでしょう。まあ、そんなシーンがあったら、どうにかなるものだとは思いますが。

...さて、余談ですが、ノズル式の灯油入れも数滴は床に溢れるんで...ポリタンクどうにかならないか?っていうふうには思います。1滴が床に垂れるだけでも嫌じゃないですか。だからといってシュポシュポやるやつは、すぐにシュポシュポがダメになる気がして、あまり好きじゃありません。

電動式のやつは便利だけど...そこまでする?って気がしていて、ノズル式の給油キャップに落ち着いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です