Adobe Photoshop CCで学んだ基礎的なこと(サマリー)

  • アルファチャンネル
    • 選択範囲をレイヤー分けして保存することができる機能をアルファチャンネルという。
  • レイヤーのオブジェクトで選択範囲を作成することができる。
    • Ctrlを押しながらレイヤーをクリックすると選択範囲が作成される。
  • VanishingPoint(バニシングポイント)
    • レイヤーパネルから新規レイヤーを作成する。
    • [フィルター]→VanishingPointを選びバウンディングボックスで選択する。他のpsdデータを読み込んで、バウンディングボックスの選択範囲にD&Dすると思い通りに変形してレイヤーを構成することができる。画像の合成時に力を発揮する機能。
  • 描画モード
    • 合成した画像をなじませる。レイヤーのモードを変更することで、レイヤーの掛け合わせを変更することができる。透明度を下げたり、フィルターでぼかしたりするとよい。
  • レイヤーの結合
    • Altキーを押しながら...表示レイヤーを結合を押すと、もともとのレイヤーを残したまま結合することができる。
  • スマートフィルター
    • レイヤーを分けてフィルターをかけることができる機能。細かくフィルターの効果やフィルターそのものを変更することができる。
  • 描画ツール・ラインツール・カスタムシェイプツール
    • カスタイムシェイプツールを使うと、シェイプという図形を描画できる。
  • グループレイヤー
    • レイヤーをグループ化して使用することができる。フォルダを使ってレイヤーを投げ込みグループ化する。
  • ラスタライズ
    • シェイプのオブジェクトをピクセル化してフィルターなどを掛けられる状態にする。[レイヤー]→[ラスタライズ]→[レイヤー]を選べばよい。
  • レイヤースタイルを使って加工することができる。
  • レイヤーを整列することができる
  • グラデーションツールを使うことでグラデーションをつけられる。
  • レイヤーマスクを作成することで様々な表現ができる。
  • イラレのデータを読み込むことができる。
  • 定規を表示して調整する[編集]→[単位・定規]
  • ガイド・グリットを設定することができる。
  • 横書き文字ツールで文字入力ができる。
  • テキストボックスに文字入力をすることができる。
  • 段落を使用することができる。
  • テキストレイヤーをラスタライズすることができる。

 

【メモ】

※選択範囲を反転することで選択範囲を逆にすることができる。

※背景レイヤーの色などを変更したい場合は、背景レイヤーを通常レイヤーに変換してから編集すること。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました