(古い)教育をぶっ壊し(新しい)教育を創るということ。

徒然草2.0

諸君!この国は最悪だ!

教育改革だの何とか改革だとか、私はそんなことには一切興味がない!

あれこれ改革して問題が解決するような、もはやそんな甘っちょろい段階にはない!

こんな国はもう見捨てるしかないんだ、こんな国はもう滅ぼせ!

私には、建設的な提案なんか一つもない!

今はただ、スクラップ&スクラップ、全てをぶち壊すことだ!

諸君!私は諸君を軽蔑している!この下らない国を!そのシステムを!支えてきたのは諸君に他ならないからだ!


はい。たった2文字だけ変えて、外山恒一の「東京都知事候補演説の冒頭」を丸パクリしましたが...政治を教育に置き換えただけです。

その情熱をそのままコピーしてしまいたい気持ちだったので、そうなりました。

まあでも、何にも違和感はありません。日本の教育に対する怒りみたいなのが私にはあります。

教育を良くしようと考えている人は、世の中に五万とおるのですが、自分と同じ考えを持っている人はあんまりいない(当たり前)。

そんな話をざっくり書いてみようと思いました。

最近プログラミング教育に携わっている手前、よく教育改革の話をするので...


私は、英語は外国語なんで必要最低限でいいと思っています...別に英語が不要と言いたいのではなく、むしろ逆。英語を含む世界各国の言葉をネイティブな先生を引っ張ってきて、もしくは交換留学とかして学べる環境つくればいいなどと思っています。中国語やロシア語やフランス語やドイツ語や韓国語やらポルトガル語でも何でもいいんだけど、学びたいなら学べばいい...国際交流に役立ちそう。言語は、すなわちその国の文化や思想を学ぶことだから、多言語対応しちゃえばいい。大学行って三ヶ国語を学ぶとか...遅すぎ。

英語が重要だから英語を幼児教育としてやらせるというのは、もうそこからして押し付け。教育なんて洗脳なんで別にそれを幼児のうちからやるのはいいんだけど、なんで英語なの?っていう理由というのは早いうちに明らかにしておいたほうがいい。みんなが、英語やればいいってわけでもないと思う。言葉って、それが必要だと思って学ぶというよりか、必然的に習慣と化すというか、自分の体の一部みたいにならないと学ぶ意味があまり無いと思う。なので、習慣化を促す環境がいるんではないかと。

私が英語できないから言っているのではなく、中学の時に「英語」って無意味だと心の中で思ったのは、たぶん教育の仕組みのせいだと思っている。そのへんの話はまた今度書く。


ちなみに「理国数社」は、非常に重要な学問だと思っています。もちろん技家保体図画工作すべて大切。無駄な知識はない。

よく「プログラミング」に興味がある人はプログラミングだけ学べばいい!っていい方をする人がいるんだけど(若い人たちとか)私はそれに反対です。いや、基本方針は合っているけど、プログラミングだけでいいわけじゃないので、偏らないように「理国数社」というか語学学習は最低限いれておいたほうがいい。(まあ、プログラミング学習も一種の語学学習なんだけど)一般教養なんて言うとお硬い感じがして意味が狭まる気がしますけど、生きていく上で必要なことをもう少し凝縮すること。かといって別に何かが欠けたからと言って人生が終わるみたいな考え方もいらない。今の教育はまんべんなく卒なくこなすことを重視しすぎる傾向にある。それがサラリーマン仕事のパフォーマンスと相関関係があるだろうから、しかたがないのかもしれないけど。

教育とは、国家繁栄の要であるとか言うと右翼臭いですがw、「良いところを伸ばす」というのは教育に「抑圧された」という考えを持っている人たちに、私が「ぶっ壊したい」と願うことの共通認識にはなるものだ。だから、多くの人が共感できることなのだと思うわけですが、そのベクトルが少しずつ違う。

...とりあえず国家ひいては世界全体の知識の質と量を増大することが大切。

そう言えば、コスモポリタンちっくになるかしら。

...でもまあ、教育改革とかいうモチベーションって、恨みとかコンプレックスに近いもので、その時点で不健全な気もしていますがw、我が国にとって最終的に重要なことは鬼畜米帝を倒すことにあります(!)というかそういうモチベーションって重要だと思うのです。WGIPをGPIF砲でぶっ飛ばせ。三菱地所がバブル景気の最中にロックフェラーセンターを買収してジャパン・パッシングが盛り上がるように。しかるべき手段を持って、乗り越えることは不可能じゃない。経済圏は繋がっているのに、学問とか教育が壁を乗り越える手段にならず、壁に閉じ込めるシステムになっていることは、あってはならないこと。アメリカの大統領ドナルド・トランプも2004年に学生に向けて「壁を乗り越えろ」と言っている。今はアメリカ国民の為にメキシコに壁を作ろうとしている。政治は国家の、国家とは国民(一部の富裕層)の財産を守るためにあり。そういう仕事をしているだけなので揶揄することではないが。そういったことと無縁な一部の富裕層ではない国民達が教育に呪縛される理由がどこにあるか?

あるはずがない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました