日々、考えること。ウォーキング・デッド2-13。ゾンビは鼻と耳が効くが目が効かない

徒然草2.0

ネタバレあり。完全にウォーキング・デッドを惰性で見ている。正直あんまりおもしろくない。

ゾンビは鼻と耳が効くが目が効かない。なんで?

音にすごい敏感。次に、匂いで人間を見つけ出すことができる。ただ、これはあまり精度が高くないので、ゾンビの内蔵を体にぬったくればごまかすことが可能。視力がほぼない。なんでこんな仕様になったんだろうか。眼球が腐るの速いから?

シェーンは死んでからなんですぐゾンビになったの?数時間立たないと生き返らない設定じゃなかったっけ。あと、死んだ者は噛まれていなくてもゾンビになる仕様だったっけ?デールのときからそういう仕様になった気がする。デールも腹掻っ捌かれたけれども噛まれていない。シェーンにいたっては噛まれていない…シェーンがゾンビになった、シェーンが殺したランダウがゾンビになったことで、感染症になっているということがはっきりしたということらしい。殺されずに死んでもゾンビになるらしい。まあ、死んだ時に誰か処理してくれればいいのであって、別に感染しててもいいんじゃね?という気がするが。子供を生むローリとかにとってはキツイ現実かもしれないし、仲間が死んだらゾンビになるから頭を打ち抜かなきゃいけないというのは心おだやかではないかもしれない。でも、人間をやっている人達からすると普通に生きているぶんには発症しないなら、さほど気にしなくていいことだとおもう。そういえば日本では土葬が禁止されているけれど、あれは疫病の予防とか骨にして持ち運ぶポータビリティさを考慮した取り組みだと思うのだけど、死体が生き返ったらこまるからだったりして。黄泉の国から蘇るイザナミ現象は恐怖でしかない。

つーわけで、微妙な人たちがいく人かなくなったシーズン2が終了。

農場を失って…ハーシェルが生き残るとは思わなかった。農場を守って一緒に死ぬのかと思っていたが、デールの代わりのシニアポジションを獲得した。マギー…なんか好きになれない。ベスだっけ?わりと死人キャラなのだが。

全然話変わるけど、日本でウォーキング・デッド状態になったら「日本刀」が再評価されると思う。銃だと残弾数を気にしないといけないので至近距離で切りつけられる日本刀が最適。脳を破壊しないと首から上が死なないので脇差やそれより小さい小刀やナタなどで止めをさすようにすれば安全かつ大量に低コストで倒せる。と言ってみたけど嘘かもしれない。脳に一撃で穴を開けるマチェット的な道具のほうが使い勝手がいいかもしれない。日本刀は言うても太い血管なり骨を断って殺す道具で血を流すことでダメージを受けないゾンビに対しては扱いにくい武器なのかもしれない。現実問題どうなんだろう??

コメント

タイトルとURLをコピーしました