投資のすすめ。みんなで大家さんのアグレボバイオテクノロジーセンタ(苦笑)

徒然草2.0

共生バンク株式会社がやっている私募ファンド「みんなで大家さん」の広告が表示されます。年利6%の安定収入とのことですが色々と怪しいと以前から匿名掲示板などで有名ですが…一番個人的に気になるというか香ばしいのが、アグレボバイオ株式会社だと思います。シリーズ42号の組み入れ物件「アグレボバイオテクノロジーセンター」ですが、共生バンク株式会社のグループに近いのか勧誘したお金が欲しい会社なのかわかりませんが、そこへ不動産を押し付けてというか貸し付けて…最終的に出資者だけが損をする自転車操業をされているという噂があるが…その実態にメスをいれずともアグレボバイオだけ個別具体的に見ても怪しいなと思う次第だということを言いたい。

みんなで大家さんを勧めるカンニング竹山…黒歴史確定ですね↓

みんなで大家さん特集番組 カンニング竹山のイチバン研究所

会計屋さんがバナナ農園のポンジ・スキームであることを説明しています↓

投資詐欺の王道★100年前に考え出されたポンジ・スキーム

 

…まあ私は農業に限らず技術の特許には詳しくありませんし「凍結解凍覚醒法」自体はすごいのか分かりませんが、アグレボバイオ株式会社のWebサイトが現時点でSSL化しておらずさくらサーバのサブドメイン「http://agrevobio.sakura.ne.jp/wp/」のWordPressのサイトが引っかかるんです(一応はco.jpドメインの「http://www.agrevobio.co.jp/」というサイトも引っかかるのですが)端的に「これ実体あるんでしょうか?」というふうに思います。

こういう雑なWebサイトを構えている時点でお金をかけてないので限りなく○欺だと思います。まっとうなファンドの募集もかなり簡素なWebページの時もありますが、コーポレートサイトがこれはアリエナイ。お知らせ欄みたいなのがありますが、リリースした日も書いていません。○ホかいな。

(ほんとうは登記簿や決算情報とか調べるべきなのですが(営業会社の財務諸表は見れますがこれだけだとキャッシュがどう動いているのかは分かりません)、Webサイトが適当なのは他の事業もてきとーというところで会社の良し悪しが分かると個人的に思っていますので、このような記事を書いています)

みんなで大家さんはお年寄りが多く出資しているらしいですが、いつ安愚楽牧場や豊田商事のように問題が顕在化するのか?おそらく規模的に最大の詐欺になるのではないか?それともビジネスがうまく言ったおかげでファンド会社自体が一時的に息を吹き返すのか?(出資しているお年寄りの被害を鑑みても、そう合ってほしいですが)これヤバいで?という臭いしかしません。

皮まで食べられるバナナで食糧危機を救う?

意味不明です。

米でも芋でもその土地に育つ作物を植えればいいだけでは…。

…ちょっと調べただけでも臭うのは相当ヤバい。以上。

追伸1.ちなみに自分はわりと高利回りな「みんなで大家さん」の出資を時々考える個人投資家であって、別に「みんなで大家さん」を頭から否定したいわけではありません(一応)。ただアグレボバイオテクノロジーセンターの取り扱いを、当該ファンドが初めたときからこのセンター物件そのものをGoogleマップで見てみたりと…興味を持っているのです。

まあ、普通に調べるとこんな具合…コロナ感染症の先行き不安の中で広告をよく見かけるようになったのは…自分がポチポチと投資系の広告を押してしまうからでしょうか汗。

メディアで話題“あの製法”を騙る国産バナナ農場の出資案件には絶対乗るな / おまつ、アグレボバイオテクノロジーセンター〝みんなで大家さん37号〟とは決別!!

(あと素人目線ですが…バイオセンターはマンションと違いビジネスに失敗した時には同じ農業技術の研究をしている業者さんぐらいしか買い取らないと思う(もとはただのショッピングセンターらしい?)ので、これってアグレボバイオ株式会社の実体が仮にあったとしても会社が潰れた時に誰もセンターを借りないという事態になるのではないかと…それだけでも、かなりリスキーな感じしかしません)

(2020/11/22追記)極めつけは…最近になって見つけたこの記事「有力寺院、地検特捜部が捜査…巨額の寺院マネーめぐる「疑惑と人脈」、全容解明か」なぜ千葉駅前ビルや伊勢安土桃山文化村施設のような表向きまっとうそうなレジャー施設がこういう怪しい会社と取引されるのかが謎なのだ…銀行などから借りれぬほどに資金繰りに苦しんでいるのだろうか?行政指導が入ったことがあるが「真っ当」なんて言っているアフィリエイト記事が見つかるが…もともと関わっている連中が「ヤバイ」です。5号館の元金を返却する様をまるでバナナのたたき売りのようだと記者は表現されている。

投資家はついにしびれを切らして今年5月に本人訴訟を提起。事実関係を認める都市綜研インベストバンク側は行政処分などから解約が殺到して資金繰りに窮しているとし、元本棒引きの和解を希望した。その交渉経過はまるでバナナの叩き売り。都市綜研インベストバンク側が最初提示したのは元本の7割に当たる350万円を12回分割で支払うというもの。これに対し投資家は400万円なら応じるとし、何度かの条件交渉の末、最終的には400万円を来年3月末までの8回分割で支払うという条件で和解が成立した。この先、全額が支払われたとしても、元本の一部は永遠に返ってこないわけである。(引用元:https://biz-journal.jp/2017/10/post_20796_3.html)

…が、本当にアグレボバイオセンターを使ってバナナを叩き売りをし始めている状態で笑える…そうとうアップアップなんでしょうね。中には真っ当な物件もあるのだが、バナナ屋のビジネス進展は皆無な感じですし、ただただヤバいというか残念だなと思った次第です。コロナの影響で伊勢安土桃山文化村も煽り受けているでしょうし。…つーわけで「みんなで大家さん」は限りなく黒に近い黒…つまり真っ黒。。。

夢に投資をするならばするなら、Zuuと提携しているユニコーンのクラファンに出資したいかな?などと考えているこの頃。…こういうものでなくても1万円からスマホで初められる私募ファンドなんて山程あるわけで、いつか誰かがババをひく情弱老人ビジネスを放置しているのはいかがなものか…。

## みんなで大家さんに関連する記事

投資のすすめ。みんなで大家さんが日本政府(日銀)の1100兆円を用意してくれるらしい!? | ごみぶろぐ

コメント

  1. gomiryo より:

    あまり人(他社)のことを言えないがコーポレートページを見れば、その会社が事業を真剣にやろうとしているかどうかが分かる。

タイトルとURLをコピーしました