投資。夏涼しくて冬暖かければいい。by ウォーレン・バフェット

徒然草2.0

ある人に聞いたのですが。ウォーレン・バフェットは質素な家にずーっと長いこと住んでいて、お金持ちなのだからもっと大きな家に住めばいいのにといった人に「夏涼しくて冬暖かければいい」と答えたそうです。また聞きした話で本当かどうかわかりませんが。なんというか足るを知る、といいますか。すごい当たり前なことを言っていますね。でも、そういう姿勢が大事なのかもしれません。投資家として。。。

質素倹約で必要十分。無理をせず自分のスタンスで最適解を求めていく。これこそが投資の王道なのかもしれないな、なんて勝手に解釈しました。

家もまた住居として十分なものを買うことは投資かもしれない。そういえば、うちは夏は暑くて冬は寒い気がする。気候により生じるストレスがあるとそれだけで快適な生活とは言えなく成るのかもしれない。

…なので、もう少し快適な家に住みたいなーなどとは思うものの、それがまだかないそうにない(汗)。もうちょい田舎のいいところに生活に投資するってことができるのが理想だよなと思ったりします。田舎が楽ってことはないでしょうけど、都会の時間の早すぎる流れになんか疲れてきたなぁ。

…もう少しゆっくりしたいなぁ、などとふと思ったりするこの頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました