戯言。徹夜の本当の弊害。

徒然草2.0

眠いのは寝ればいい。眠気は少し寝れば解決する。睡眠不足が解消されると、メンタルが回復する。しかし、内臓などのダメージは消えないなーと思います。特に自分の場合は、消化器官のいろいろがズタボロになるようです。どうも徹夜のたびに寿命が縮まっている気がする…逆にそれが無ければ寝ないでもいける気がする。

睡眠不足が解消されているのに肉体ダメージが回復しないというそのズレの部分がしんどい。どうせなら同時にダメになってくれればいいのだが…消化器官が痛むと便秘、ガス、○○。ただし血管や神経なんかもいろいろ痛む。胃は昔弱かったのだが、最近はなぜか強めである。足や膝のトラブルはないのだが、首と肩が致命的に変な感じ。腰も微妙になってきた。

…なので、寝るほうがいい(当たり前(汗))人によって問題の出方が異なるのが難しいところだと思う。

短い睡眠で生きられる人というのは確かにいるんだと思うけど、回復タームを削ることで物言わぬ器官にダメージを知らず知らず負っているリスクなども考慮すると、仮に4時間前後まで睡眠時間を削ることができたとしても7時間眠るというのがいいのでは?というふうに、よく思います。

鈍感な人=丈夫な人というのが通じるのは4,50代までで…そこを超えたあたりでわりとコロっとあの世に行くんだと思う。60代で徹夜している人って話を聞かないですね。ググってもあまり出てこない。自分はそんなに丈夫でもないけど、やわでもないのでちょうどいい感じにコロっと逝かれるんだと思ったりする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました