プログラミングのすすめ。オープンソース・ライセンスの制約条件を完結にまとめてみた!

オープンソースのライセンスについて、気にしていないとすぐ忘れるので、個人的な備忘録としてまとめました。

基本的には制約条件しか書いていません。重要なのはルールを守ることなので、制約だけ抑えておけば十分でしょう。

 

MITライセンス

著作権とMITライセンス全文を記載する。

BSDライセンス

無保証であることの表記をする。

GPLライセンス

使用目的、改変、配布、共有の自由が守られる…逆に、これらの自由に制約条件を課さない義務を負います。

つまり「売っちゃダメ」「この人は使っちゃダメ」「こういう目的で使っちゃダメ」「公開してなきゃダメ」と言ってはダメ!

これがGPLの醍醐味であり、また自由を守るための厳しい制約であり、GPLを分かりにくくしている制約である。

LGPLライセンス

GPLのライブラリ版。ライブラリを使用した独自のソースコードは非公開でもOK。GPLのライブラリは要公開。

Apacheライセンス

フリーダム。Apacheラインセンスとわかり、著作権だけ表記しておけばよい。売っても制約条件をつけるのも勝手。

CC(クリエイティブ・コモンズ)

4つのルールでつくるオリジナルなライセンス。使う時はよく読んでルールを守ること。

パブリックドメイン

フリーダム。著作権が放棄されている。

 

まとめ

これだけ、おぼえておけば十分だと思いますが、いちいち覚えてられないですよねえ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました