オークス馬 – gomipedia

徒然草2.0

オークス馬=優駿牝馬。通称「樫の女王」。非常に優秀な馬で、JRAが東京競馬場で行う…重賞競走(GI)通称「オークス」で勝った馬のこと。

感想

・オークスっていう種類のサラブレッドがいるのかと思ったが違った。オークスっていう大会にかった牝馬だった。

・オークス馬は牝馬、牝馬の部分集合がオークス馬。

・3歳牝馬の試合に勝った馬なので…1年に1匹しか誕生しない。

・私が知るウォッカという馬は(参考:http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/oaks/index.html)このサイトを見る限りはオークスではないようだが…なぜなのか?ニコニコ百科によると、ダービーで勝つことを選んだらしい「オークスを選ばずに、あえてダービーを選んだ牝馬。勝てるのか?本当に勝てるのか?64年ぶり、牝馬のダービー制覇。ウオッカ。誰も行かない道を行け。茨の中に答えがある。―2013年、日本ダービーCMより」(参考:https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%AB

詳細情報

【Wikipediaからの引用】「オーク(Oak)」は、樫を意味する英語[5]。「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている。日本では本競走の優勝馬を「樫の女王」という通称で呼ぶこともある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました