【戯言】サンリオの白いふわふわのキャラクターはシナモンロールではなくシナモロールらしい

徒然草2.0

サンリオの白いふわふわの犬キャラは、シナモンロールだと思っていたが、、、

正しくは「シナモロール」らしい。

おそらく、商標登録するために一般的なお菓子の名称は使えない(調べてみたところ、レオン自動機株式会社が「巻き上げ食品の製造方法および巻き上げ食品」としてシナモンロールの特許を所有しているということらしい)ので、シナモロールにした…

ということらしい。

ちなみにシナモロールは、シナモロール,シナモ,シンナモロール,シンナモ,モロール,ロール,シンナとかもシナモオールと同様に扱えわれるらしい。シンナモロールという偽物キャラつくることはダメなのだと思われる。

でも、だれも、音声的に「シナモロール」って誰も読んでないよね(汗)「シナモンロール」ですよね。それはいいのかな。

…でも、それで正しいと思います。正しくはシナモロールである、というよりは、、、

表記はシナモロール、呼ぶ時はシナモンロール、なんだと思います。

こういう慣例が別の言葉において「ん」を抜くという現象につながったりするのかな?と、ふと自然言語の変化にも影響を与える事例なのではないか?とも思ったりする。

Webサイトの末尾もcinnamonって、nかいているし。そもそも「シナモンとフレンズ」なわけでやはりシナモンなわけです。シナモンそのものなのにシナモロールなんです。

シナモロール | キャラクター | サンリオ
サンリオのキャラクター「シナモロール」をご紹介します。

相性はシナモンですし…どうでもいい雑学だけど商売的には重要な例だな…と思ったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました