【戯言】ブログ記事の下書きを辞めて、書き途中のまま投稿してしまえば「記事は無限に増やせる!」ということに気がついてしまった。

徒然草2.0

確か…どこかで言ったのですが…私はひとまずKPIとして「ブログの記事を年末までに2000記事を書くぞ!」ということを目標にしています。

なので…わりとハイペースで「目標達成」するために記事を量産していて…下書きだけで1000記事はあるので…質を問わなければ楽勝で2000記事を投稿することはできそうではあります。

…しかしながら、いくらいい加減な私であっても、質と量としてある程度のまとまりをもっていないと記事とはみなしていません。

ただの1文を記事として投稿するのはいかがなものでしょうか?

いや、過去に一文程度の量の記事を記事として投稿している気はするのですが(汗)…

さすがにタイトル「あ」で内容が「あ」の記事を投稿して2000記事達成っていうのは、嘘ではないにせよ虚しいものがあります。まあ、記事とは何をもって記事にするかを定義していませんが、最低400文字は欲しいかな。大きなマス目の原稿用紙1枚程度です。SEOを意識するなら最低1000文字と言ったところでしょうか。最近だと3000文字とか5000文字なのかもしれませんが。

、、、といはいえ…決めた目標は達成しないといけないとすると…仕事もソシャゲーやるのもクソ忙しいのにやってられないわけです。

さて…どうしたものか?時間がないからこそ頭をひねって解決する智慧が生まれる。

ピカーン…ひらめいた!

下書きの記事を書き途中にカテゴライズした上で投稿してしまえばいいんだ!

雑と言えば雑の極みですが、人が興味ある話題かどうか分からないものの完成度を高めるよりもスピードこそが命ですので、とりあえず適当に言いたいことを構成やよみやすさを考慮せずに書き連ねておいてプロトタイプ的に記事を生成してアジャイルでPDCAを回す感じがいい!なーんだ。記事も昨今のスピーディーなシステム開発とそんなに変わらないじゃないですか。

…などということに気付いて少し気が楽になったところです。

難しく考えるとだいたい物事は上手く行きません。

文章を書くということは、本来もっと気楽であるべきです。

人に伝える目的が出てきたらその目的に向かって適切に対処していけばいい…自分のブログのスタンスは人気が出てきた記事をメンテナンスする…なので。この方法が確立すれば…再現性がある副業として売れるかも!(また、マネーですか…と誰かに言われそう。。。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました