株知識ゼロの主婦がトレーダーになった理由 (3)

妻の株日記

gomiryoの妻、ゴミコによる株日記

こんにちは。gomiryoの妻ゴミコです。2020年11月から人生初の株取引を始めました。記録を残しておくための、ゆるい日記のつもりで書き綴っていこうと思っています。

前回の記事→株知識ゼロの主婦がトレーダーになった理由 (2)

「ギャンブルで勝つために必要な、たった1つのこと」

ギャンブルで勝つために必要なことはただ一つ。冷静と平常心を保ち続けること。そして、その状態で最後まで勝負を続けることがギャンブルで勝つための必須事項です。言うは易く行うは難し。これをギャンブルの場で実行できる人はあまり多くないのでは…と私は思っています。

「巨額の富が蠢く板を見て冷静でいられるか?」

値動きの激しいトレンド銘柄などをザラ場で見てみましょう。巨額の金が目の前で動く様子を、板やチャートを通して見ることが出来ます。一瞬にして何千という株がS高まで買いによって飲み込まれていく様子を目撃した時は鳥肌が立ちました。例えるなら「得体の知れない何かが一瞬で全ての金を飲み込んだ…」そんな感じです。またその逆も然りです。S安まで一瞬でチャートが崩壊、垂直落下という場も目撃しました。もし自分がそのポジションを持っていたら、これらを冷静に見ていられるでしょうか。

最近はS高だと水素銘柄の加地テック(6391)、S安はウィルソン(9610)で見かけました。また米国の大統領選挙の行方に揺れて乱降下を繰り返したバイデン銘柄のエヌ・ピー・シー(6255)などなど。お金って日々こんなに蠢いているのか…と素人の私にも分からせてくれた出来事でした。

「ギャンブルならば受けて立つ」

この巨額の富が蠢く市場に、私はギャンブラーとして参加することに決めました。投資ではありません。ゴミコは過去にスロ廃をしていた時期があるので、賭博場の心得やメンタルに関しては人並み以上だと思っています。(まさかスロ廃の経験が株取引の強みになる日が来るなんて思ってもいませんでしたが。)ロスカットや利確のタイミングもギャンブラーらしく冷静に見極めていこうと思います。

「株取引に対する思想は夫と真逆です」

私のギャンブラー的思考と、夫の「成長すると思う企業に投資する」まっとうな投資思考は真逆の位置にあります。お互いにお互いのことを「自分なら絶対にしないやり方」と思っているので、株の話になるとよく険悪な雰囲気になります。なので極力口は出さずに、お互いを見守るスタイルに落ち着きました。どっちが上手く資産を増やせるのか?私たち夫婦も気になるところなので、このブログでも時々この話題に触れてみようと思います。

次回の記事→株知識ゼロの主婦トレーダー【11月の取引記録】

コメント

タイトルとURLをコピーしました