株知識ゼロの主婦がトレーダーになった理由 (1)

妻の株日記

gomiryoの妻、ゴミコによる株日記

はじめまして、ゴミコです。2020年11月から、人生初の株取引を始めました。記録を残しておくための、ゆるい日記のつもりで書き綴っていこうと思っています。

「株?投資?なにそれ怖い」

ゴミコにとって株式投資とは「実態の無いもので多額の金が動く、よくわからん怖いもの」「働かずして金を儲ける不浄なもの」くらいネガティブなものでした。汗水たらして働いて、その対価として金を得る。「労働の対価としての金」という考えが根本にあったので、自分が動かずとも儲けることのできる金融投資にマイナスイメージを持っていました。

「大事なお金をわざわざリスクに晒すな」

逆に夫は金融投資には積極的な考え方で、「せっかく汗水たらして働いたお金なんだから、お金自身にも働いてもらわないと」ということをよく言っていました。「普通預金に円を放置しているくらいなら、投資で株に変えて放置しといたほうがいい。あとは勝手にお金が働いてくれる。」と言うのですが、やっぱりピンとこない。私からしたら「大事なお金をわざわざ減るかもしれないリスクに晒すな」という気持ちでした。

「これから成長する企業、何か思いつく?」

その後、夫から「ゴミコさんが思う、将来成長するような企業って何かある?思いつくならその企業の株を俺が買うからさ。」という提案をされました。株にマイナスイメージはあるものの、自分の懐が痛まないなら成長企業を考えるのはやぶさかではない。いくつか自分の思う企業を挙げて、その株を1単元(100株)づつ夫は買ったのでした。当時2018年夏ころでした。

私が成長すると予想した企業は以下の4銘柄

  • 帝人(3401)
  • ココカラファイン(3098)
  • くら寿司(2695)
  • ユニバーサルエンタテイメント(6425)
ユニバを除く3銘柄については順調に成長しました。コロナで一時下落したものの、その後回復。ココカラファインとくら寿司は無事に利益を出すことができました。帝人は今も成長中と判断しホールド中。ユニバはまだコロナ以前の値段に回復していないので様子見です。

「企業の株価を365日見続けて気が付いたこと」

夫が買った株ですが、私自身でも気になり始め(自分の発言により買った株なので責任も感じて)、結局株価を毎日チェックすることにしました。チェックと言ってもiPhoneに元から入っている株価のアプリを開いて、一日のチャートを眺めるといった簡単な作業です。記録をつけるわけでも、どうして株価が上がったのか、下がったのか、理由を探すわけでもありません。単純に眺めて値段を確認するだけです。そしてそれを365日、飽きずにただ眺め続けました。そして一年後、なんとなく気づいたのです。「あれ、株価って金曜日に下がって月曜日に上がるの?」もちろん当てはまらない時もありましたが、なんとなく金曜日は全体的に下げ、月曜日に上がる傾向を掴みました。

「あれ?これはつまり、金曜日に買って月曜日に売るという取引を繰り返せばいいのでは?」

「素人週末トレーダーの誕生」

自分なりの「金曜下げ月曜上げ」傾向を実践してみうと思い立ったゴミコ。以前から持っていた株へのネガティブな思いよりも、興味の方が上回った瞬間でした。人は儲けを前にすると目がくらむのですね…(遠い目)

私の投資方法だと週末しかトレードしないわけで、デイトレと呼ぶには頻度が少ない。よって、ウィークトレードとでも呼ぶべきでしょうか。いうなればウィトレ。語呂が悪いので「週末トレーダー」と呼ぶことにします。そして2020年11月、満を持して素人トレーダーは人生初の株取引へと向かうのでした。

この“週末トレーダー”投資法ですが、結局その後デイトレやスイング投資、ボックス投資なども実践し、現在は高頻度でトレードしているので、今現在は週末トレーダーではありません。(;^ω^)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました