株知識ゼロの主婦トレーダー【決算時期、到来】

妻の株日記

gomiryoの妻、ゴミコによる株日記

こんにちは。gomiryoの妻ゴミコです。2020年11月から人生初の株取引を始めました。記録を残しておくための、ゆるい日記のつもりで書き綴っていこうと思っています。

前回の記事→株知識ゼロの主婦トレーダー【1月の取引記録】

1月末から始まる上場企業の決算報告ですが、この決算内容によって株価も大きく居所を変えたりしますよね。私の長期保有銘柄(デイトレの松井証券ではなく株コム証券で保有中)のアサカ理研と宮入バルブの決算報告も本日開示されました。

「アサカ理研は本物の優良企業だと思う」

株コム証券で私が保有しているアサカは200株ですが、夫の口座でもアサカを1000株保有しているので、夫婦揃ってアサカ推し。夫が1000株も保有している理由は「私の買い付け余力では100株しか買えないので、夫の現金で500株買って!」と頼み込んだのが始まりです。(株式分割前の購入なので、当時の500株は1000株に昇格しました)

基本的に私と夫の株式投資に対するスタンスは真逆だし、企業に対する評価もお互いあまり合わないのですが、このアサカについては夫婦揃って「ヨシ!」と思っている稀な超優良企業なのです。

事業内容は主に貴金属リサイクルがメインで、レアアース関連のリサイクルに特化しています。特にリチウムバッテリーのリサイクルを将来のメイン事業に見据えており、新工場の増設も昨年決定しています。このリサイクル技術で凄いところが、使用済みリチウムイオンバッテリーからアサカ独自のリサイクル技術で高純度のリチウムを取り出し、再度リチウムイオンバッテリーを精製するという事業。レアメタルの不足が懸念される昨今、半導体にせよEVにせよ、どの企業もレアメタル素材を安定して手に入れたいことは明白です。

そこでアサカのリサイクル技術が登場するわけです。(ドヤァ)

「決算報告で上方修正。なにこれスゴい。」

以下は株探サイトの記事を引用したものです。→アサカ理研、上期経常を一転2.1倍増益に上方修正、通期も増額

アサカ理研 <5724> [JQ] が2月5日大引け後(15:45)に決算を発表。21年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比4.9倍の5400万円に急拡大した。
併せて、10-3月期(上期)の同利益を従来予想の1500万円→7000万円(前年同期は3400万円)に4.7倍上方修正し、一転して2.1倍増益見通しとなった。
上期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の7400万円→1億3000万円(前期は6300万円)に75.7%上方修正し、増益率が17.5%増→2.1倍に拡大する見通しとなった。

というわけで、本日開示されたアサカ理研の決算報告は予想以上の好決算という内容でした。配当増などはありませんが、業務内容がこれほど良ければ文句など何もありません。配当など無くても良いので、ぜひともリサイクル事業の世界トップを目指して欲しい。

「私がアサカを好きなわけ、超個人的な理由」

アサカ理研は福島県いわき市に本社のある企業で、地元に根差した企業でもあります。福島といえば、まだ3.11の原発事故の記憶もあり、なかなか完全復興への道のりは険しいものがあるでしょう。しかし国を挙げて再生可能エネルギーの試験場や大型の実証実験などが福島を中心に行われているのは事実で、官民一体となって福島から新時代を築こうとする兆しがあります。

私の生まれが福島県いわき市であり、ここは幼少から慣れ親しんだ土地でもあります。その土地で新しく生まれようとしている技術を、私は心から応援します。

「バルブの老舗、宮入バルブの決算について」

そして水素にも期待しているわけですが、水素関連銘柄の宮入バルブも本日決算が開示されました。

宮入バ、4-12月期(3Q累計)経常は3.9倍増益・通期計画を超過

宮入バルブ製作所 <6495> [東証2] が2月5日大引け後(16:35)に決算を発表。21年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比3.9倍の7700万円に急拡大し、通期計画の7000万円に対する進捗率が110.0%とすでに上回り、さらに5年平均の92.2%も超えた。

こちらの内容も好決算でした。LP用、設備用のバルブ益は減少したものの、車載用、船舶用のバルブ益が増加したことが拡大の理由とのことでした。コロナ禍で営業活動も思うように出来ない状況の中での好決算は純粋にすごいと思います。モノづくりの会社は強いですね。

「決算ラッシュもあと少し。3月以降の相場は?」

「節分天井、彼岸底」という相場用語があるらしく、今年はコレにあたるのでしょうか?株知識ゼロの私には勿論分かりません。(逃避)

決算ラッシュもそろそろ終わりの頃合いなので、春先に向けて緩やかな相場を期待しますが、コロナの変異株やオリンピックあれこれ問題で、まだまだ先行き不透明な気はします。長期保有以外のデイトレ銘柄の方は相場を注視していきたいと思います。

次回の記事→株知識ゼロの主婦トレーダー【2月の取引記録】

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました