オークス馬…中央競馬のGI「オークス」で勝った牝馬。優駿牝馬。樫の女王。

オークス馬とは、優駿牝馬のこと。通称「樫の女王」。非常に優秀な馬で、JRAが東京競馬場で行う重賞競走(GI)通称「オークス」で勝った馬のことを指す。

「オーク(Oak)」は、樫を意味する英語[5]。「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案[5]。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている[5]。日本では本競走の優勝馬を「樫の女王」という通称で呼ぶこともある[6]。

タイトルとURLをコピーしました