徒然草2.0

スポンサーリンク
徒然草2.0

日記。君のような勘のいいガキは嫌いだよ。

鋼の錬金術師を読んでいる。まだ2巻。どこかで見かけるセリフ「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」元ネタは『鋼の錬金術師』だったのか。実の妻と娘をキメラ実験に使う錬金術師というか雰囲気からしてマッドサイエンティストであるタッカーのセリフ。ただあ...
徒然草2.0

読書。『ヴィオリータ』を読んだ感想。マザコンは美しい!?

萩尾望都。永遠の『ヴィオリータ』を読んだ感想。 トーマの心臓に出てきたエーリクも実母のマリエに恋するマザコンだけど、マザコンなのに美しい恋のように描かれているのだが…男の目線からするとマザコンというものは、少年の成長過程では必要なものである...
徒然草2.0

読書。『トーマの心臓』を読んだ感想。美少年たちの美しい愛の物語。

ネタバレあり。 萩尾望都『トーマの心臓』を読んだ。 森博嗣の小説でこの作品を知り、冒頭を読んで先が気になったが、読み切る自信がないので、漫画で読んだ。原作のほうが間違いないだろう。 結論からいうと言い方は悪いが「かなり当たり」だ…最初から最...
徒然草2.0

読書。『2035年10年後のニッポン』を読んだ感想。

ホリエモンの10年後予想を読んだ。 10年後は一言で言えば今より2極化が進むってだけで、大きな変化はない。 メタバースの進化はたかが知れているし満員電車もなくならないということが分かった。 日本は衰退の一途をたどり新興国の都市部は今以上に盛...
徒然草2.0

読書。『ガチ速FIRE』を読んだ感想。階段は資産。

森口亮という人の『ガチ速FIRE』を読んだ。なんだろう?分厚いだけであまり中身はない。よく言えば網羅的ではある。 サイドFIREって聞こえはいいけどさ(というか聞こえを良くするために生み出された言葉だけど)、小金を持って情報商材を韓方してい...
徒然草2.0

戯言。プロティアン・キャリアという考え方を批判してみる。

プロティアン=proteanとは聞き慣れない言葉ですが、ギリシャ神話のプロテウスのこと。プロテウスは何にでも変化可能な神様であり、「変化自在」や「多方面」を意味します。 プロティアン・キャリアとは、1つの組織で長く働いていくキャリアではなく...
徒然草2.0

日記。理想はソローよりもクルーソー

ソローの『森の生活』は読んでいないが…ソローは別に完全な自給自足を営んでいたわけではない。共同の農場で豆を栽培して(豆は食べたくないので)米に変えて食べているというようなことが、解説本にかかれていた。ふつうに市場で取引をしているわけで孤独な...
徒然草2.0

戯言。鬼滅の刃を読んで思うこと「無能に人権なし」ということ。

日本という国は今も昔も無能には厳しい社会です。 しかし「生まれながらの人権」というものを海外から輸入して表面的には人権があることになっている(違和感)…が、やはり輸入された人権は日本人が独自解釈したもので西洋人が考える人権概念とイコールでは...
徒然草2.0

日記。映画マトリックスについて(見ていない、というか、見る気が起きない)

理想的な仮想現実の世界で生きていたい。 もしくはアメリカ開拓時代か、核戦争後の荒廃した地球か、未開拓時代。 SF好きだけど食わず嫌い…マトリックスの話。なんでだろう?イケメンが嫌いなのかな。キアヌ・リーブスって見る気が起きない。ディカプリオ...
徒然草2.0

漫画。『鬼滅の刃』を全巻読んだ感想。

ネタバレあり。 もともとはアニメ勢で先を楽しみにして見ていたのだが、映画3部作って待っていたら何年後よ?5年後?…それまで待つのも、ずっとスッキリしないものを抱えて生きていないといけないわけで、それは違う気がしてきたので、柱稽古編を見てから...
徒然草2.0

戯言。呪術廻戦・渋谷事変閉門。シーズン2まで見オワタ感想文

ネタバレあり。 とりあえず見た。 リアルタイムで見ていたが途中からついていけなくなり、 伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)が出てきたあたりから見ていなかった。 まあ…アニメーションは見応えあったが、と言ったところか。 ナナミンが死んで推しがいなくな...
妻の株日記

日記。恋のスタグフレーション、日本はスタグフレーション。

実質賃金が26ヶ月連続で低下している。 昨晩はドル円が161円が158円にナイアガラ。介入の有無で意見が割れている。どうせすぐに戻って長期的には円安になるとは思っている。 NISAにより円が売られるという人がいるが、例えばイギリスには恒久的...
徒然草2.0

映画。グレイテスト・ショーマンを見た感想…一言で言えばカオス。

ネタバレあり。見世物小屋をプロデュースして成功をするが調子に乗りすぎ没落。そしてまた1から再生していく…というエンドのありがちな話のミュージカル。実在のP・T・バーナムという人が主人公。 …もともとこの映画にはあまり興味は無かったのだけど、...
徒然草2.0

戯言。「キングダム2遥かなる大地へ」を見た感想。

ネタバレあり。 ひどいできばえとだ聞いていたので期待せずに見た。最初はそこまで悪くないのでは?と思ったが、後半になるにつれ「なにこれ?」と思うことが多くなり…もう少しどうにかならなかったのかな?と思うところがしばしばあった。羌瘣の象姉の話が...
徒然草2.0

日記。セクシー女優が表世界で活躍すること。バドライト。丸山ゴンザレス。ジェットソンズ。

今日は鬼滅の刃を22巻まで読んだ…泥仕合いが続きますねえ。 セクシー女優が表舞台で活躍すること セクシー女優を引退した人が、表社会で活躍されることに否定的な見解を私も示していました(例えば美的って雑誌の表紙に三上悠亜が飾っているとか…メディ...
徒然草2.0

日記。永遠のゼロでも見てみるか…

岡田斗司夫動画を見ている。 マクドナルドの旨味の正体…延々とハンバーガーの話が続く。1950年代の米国ではひき肉に香辛料をいれて焼いたものをハンバーガーと呼んでいた。パンはハンバーガーを成立させる要素としてマストではなかった。ハンバーガーの...
徒然草2.0

戯言。鬼滅の刃の中にある日本人の信仰。

まだマンガで全部読み終わっていないませんが…19巻まで読みました。あとはクライマックスがずーっと続く感じでしょうか。ワタクシ的な鬼滅の刃に関するメモを残しておこうと思います。 ※ネタバレあり。 私が好きな鬼は半天狗 ちなみに私が好きな上限の...
徒然草2.0

日記。2030年に最低賃金が1500円になる円安とインフレのリアル。

体調悪い。40って色々と限界の年齢だ。体に脂肪がついていく。スーパーまで走ってみたら、タプタプゆれる。頭を振動させるとすぐに痛くなる。動きたくない。悪循環。体を動かす仕事をしていれば動ける中年になっていたのだろうか?謎。 2024東京都知事...
徒然草2.0

映画。ターミネーター ニュー・フェイトを見た感想

ネタバレあり。 映画の発表でサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が出ているということで話題になった作品がアマプラに入っていた。 その時は、これは絶対に見たい!と思ったのだが、その後に鳴かず飛ばずだったということで内容の質は知れているのは、世間...
徒然草2.0

戯言。青空文庫やグーテンベルクプロジェクトとは別に翻訳された小説。

ブログの表題の通りで著作権切れした小説などを独自に翻訳して公開している人がいるらしい。 バージニア・ウルフというイギリス人の小説家のスタイルが好きで図書館で借りてきたが、邦題でググると普通に全文テキストがひっかかる。書籍の翻訳のほうが安心感...
徒然草2.0

日記。セヴァストポリの海岸・東京都知事選2024・台湾有事後202X。

体の調子はまあまあ。振動があると右頬の奥にジーンという痛みがあったがいつのまにか消えていたた。左肩の四十肩は相変わらず痛い。可動域が狭まっているが痛み自体は少なくなっている。100%よくなることはないにせよ、日常生活はそこまで支障をきたさな...
徒然草2.0

戯言。老人と若者の、なるようにしかならない。

若い頃、嫌なことが目の前に迫ってくると「なるようにしかならない」と心のなかでつぶやいた。 結果が失敗であってもひどく傷つかないように、だいたいうまく行かないのはわかっているにせよ、いずれにしても分からない未来に一喜一憂せず肝がすわった自分が...
徒然草2.0

映画。ラ・ラ・ランドを見た…最初は見ているの辛かったが…とてもいい映画だった。

ネタバレあり。 すごい映画だとみんな言っている。 ミュージカル映画は好きな方だ。 とはいえなんだろう?あまり…乗り気じゃないけど、色んなところで語られていたので見てみなくては…ということで見てみた。 結論から言うと、無駄なところがないし終始...
徒然草2.0

映画。トータル・リコール2012を見た感想。映像は美しい。

ネタバレあり。トータル・リコール。2012年版のリメイク版を見た。 アクション映画はあまり見ないが…まあ、思ったよりは面白かったのではないか? ★★★☆☆かな。 …とにかく映像は綺麗だった。後半はちょっとダレてきたけど。アクション映画はいつ...
徒然草2.0

戯言。マルガブ信者になってはダメな理由。

マルクス・ガブリエルの『なぜ世界は存在しないのか』を読んでいるが、あんまりおもしろくないわりに分厚い。さて、どうしたものか…。みんなが観ている事実と、私達が観ている事実、ふたつとも事実があるよね。って話を過去の哲学を交えた例え話で延々と説明...
徒然草2.0

映画。羊たちの沈黙を見た…個人的には微妙。レクターのするどい洞察力を身につけたい。

ネタバレあり。 「羊たちの沈黙」シリーズの第一話ということで、有名な映画なので見てみた次第である。アカデミー賞の主要5部門で受賞。1991年公開だそうだ。公開2001年のハンニバルが流行っていたのはなんとなく覚えているが…アンビリバボーとか...
徒然草2.0

映画。エイリアンを改めて見てみた…リプリーかっこいい!(ベタ

20年ぶりくらいに見た。 映画『エイリアン』いまさら語るまでもない名作中の名作。公開が1979年だそうで、私がまだ生まれていない時の作品なのにこの古くならない。 音や光をうまくつかっている。映像美も素晴らしい。エイリアンがドーンと出てくるタ...
徒然草2.0

映画。ヘレディタリー/継承…ホラーの傑作!で映画に引き込まれた。

ネタバレあり。 ミッドサマーの監督アリ・アスターのデビュー作というかミッドサマーの1つ前の初の長編作品ということと人の勧めもあって観てみた。アマゾンレビューや他の評価サイトではそこまで評価は高くない☆3.7だが…個人的には「傑作」って言葉が...
徒然草2.0

日記。怪獣8号…デビルマンになったおじさんの話。

相変わらず四十肩で肩痛いし頬の中は痛いが体調はまずまずかな。余談は許さないけど。今日の気温は35度まであがったらしい。暑いのは辛いが暑いほうが多分体調よくなるんだろうな。と期待している。 怪獣8号。 3話まで見た。おもちゃ屋でフィギュア見て...
徒然草2.0

戯言。清水俊忠『ブッダという男』を読んだ感想。

あらゆる仏典は悟りを得るためのヒントになるものだ。 …と好意的に解釈するものだと思っていたので些細は矛盾は気にしなくていい。 そんなふうに私は捉えていたが『ブッダという男』ではそういう解釈は誤りだとされている。 一部の仏教学者は『形而上学』...
スポンサーリンク