ヤマザキのマスカットゼリーが入っているクリームパンを食べてみたが、パンとゼリーの組み合わせは微妙だった

珍しいパンを見つけた。まったくおいしそうではない。マスカットクリームパン。なぜ、マスカットをパンの中にいれてみようと思ったのだろうか?まあ、たしかにぶどうパンという鉄板メニューがあるから、マスカットだっていけるのかもしれないと思うのに不可はないかもしれないが。 マスカッタの干しぶどうとかならわかるが、マスカットゼリーが入っているというところに闇を感じる。いまだかつてゼリーが入っているパンがあっただろうか。そういえばコーヒーゼリーが入っているパンを昔食べた気がしないでもない。しかし、ゼリーとパンは異色の組み合わせではないだろうか。ゼリーはゼリーで楽しむものという思いが私にはある。それとも、無用な固定観念というやつなのだろうか。もしかして食べたら意外にもいけるのかもしれない。 ごろっとしたマスカットを彷彿させるゼリーが2,3個入っている。ゼリーというとぷるるん!という食感を想像するが、モソッとしている。かためのゼラチン質のゼリーだ。オブラートにつつまれている立方体のお菓子があるが、あれに近い感じ。あれをパンと一緒に食べさせられているなんて罰ゲームみたいなものではないか。 そんなわけで、私はこの一口大のパンは餡こしか買わないのだが、たまたま売り切れていたため、マスカットクリームは鬼門だと思ったが買ってみた。まあ、最悪食べれない味じゃないし、かといって絶対うまくないと思っていたが、その想定は裏切らなかったようです。次に買うことはないでしょう。皆さん是非おいしく頂いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です