(2019年)小型GPSに関する調査

GPSを使うにあたっての調査メモ

調査メモ

RFIDのマイクロチップは小さいが…

  • 最小のGPSは消しゴムサイズになる。
    • (デメリット)センサーが小さいので、誤差が大きく性格な位置を把握しづらい。

GPSを付けている男でこれ…胸のあたりにくっついている…ダサい。

tocana.jp/2019/01/post_19283_entry.html

おそらくだがGPSなるものは、人工衛生と通信しないといけないのか?それとも通信から受信するだけでいいのか謎であるが、電気が必要なのである程度のサイズがないと今の技術ではダメなんだと思われる。

アメリカの衛生から射出されている電波を拾うことで位置を把握することができるらしい。いくつかの衛生の位置をもとに正確な場所を明らかにするとのこと。

www.ne.jp/asahi/nature/kuro/HGPS/principle_gps.htm

これをレンジングという。測量をすることになるため、時間をかけるほうが正確な位置が求められる。

wirelesswire.jp/2018/09/66734/

MITで研究されているということはまだ画期的なサイズ(小さい消しゴム以下)のものは、まだ無いということ。

携帯電話は無線局なのになぜ総務省に届け出る必要がないのか?

www.search-technica.com/howto/gpsrental/

包括免許制度を利用しているため利用者は届け出がいらない。携帯電話会社の基地局と端末セットで総務省に申請している…ということらしい。いくらか不明であるが電波使用料を携帯会社が支払っている。

携帯会社やテレビ局は電波使用料というものを支払っている

NTT201億円。KDDI131億円。ソフトバンク165億円。NHK21億円。日本テレビ5億円。

※テレビ局は安すぎである。

携帯電話1台あたりの電波料金は540円だそうだ…

takemasa-k.jp/ekiotu/2001/6.pdf

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です