神軍賛歌

浅草、神谷バーの電気ブラン、何が上手いのかわからない。

 

あれは、うまいものではないのか。

 

ただ、電気のようにしびれて酔っ払ってしまいたい時にのむ飲み物。

 

今日は「桜桃忌」、小栗旬の色男ぶり溢れる『人間失格』本予告解禁

もう終わってしまったけど、6/19は太宰治が死んだ日らしい。

さくらんぼ食べたい。

 

太宰治は味噌汁が好きで、学生の時は魔法瓶に入れて持ち歩いていたらしい。

駅の自販機で伊藤園のしじみの味噌汁を買うことがある。

便利な時代になったものだ。彼が生きていたら、そう思うんではないだろうか。

 

そういえば、奥崎謙三という人を始めて知った。昭和のアナーキストだそうだ。

何かで映像を見たことがあると思うが、その時はあまり興味がなかった。

天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキストを追った衝撃のドキュメンタリー

殺人と殺人未遂で22年も刑務所に入っているんだな。奥さん、大変だな。

 

石原慎太郎も革命に憧れたときがあったらしい。

「日本共産党へのヒロイックな気持にかられていた時、母は“大衆のために両親や弟を、そして地位も財産も捨て、獄につながれても後悔しない自信があるなら、私は反対しないが、その覚悟をしてほしい。それならお父さんが、どんなに反対しても、私は賛成する」

引用元:ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

 

…親が心配したから思想を捨てたわけではないと言う。まあそりゃそうだけど。

お友達の三島由紀夫は精神風俗に任せて肉体鍛え、そのままあの世に逝っちゃった気がするけど。

 

…監督の原一男という人も初めて知った。

 

あと、奥崎謙三について色々と調べていて、こんな記事を見つけた。

「街宣車をぶっこわせ」昭和の怪人と取っ組み合った公安捜査官

これは、公安の行動が、めちゃくちゃだな…公開していいのか?

 

組織のためにあうんの呼吸…班長の自己責任で行動させられるそうだ。

日大アメフトのタックル問題と一緒だな。

書いちゃっていいのかな。

 

アナーキストの奥崎より、公安のリアルの方が恐ろしく興味深い。

日本人は、日本の組織は、時に自分や他人を殺さなければならない。

自分の責任で手を汚すのは、まじで、汚いなぁ。

 

ミュージカル『チェ・ゲバラ』

kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/cheguevara/index.html

五反田駅の広告で見つけて引き返して二度見してしまった…なんか破壊力があるポスターだ。

 

人間愛に溢れるゲバラ。

 

ちょっと見てみたい気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です