飛び込み営業で儲かるのは2種類の業種(?)だけ!?

起業したての人で、飛び込み営業がライフワークになってしまう人がいる。

「話だけは聞いてくれるところもあって嬉しい」

などと言い出すと危険な証拠だと思う。

 

飛び込み営業かけているの自分に酔っていない?

 

そうでなくても、

やっている行為そのもので、

自分の行動が肯定されると思っていないですか?

…と苦言を呈したくなる人を、よく見かけます。

 

昔は訪問販売が結構あったように思えるけれど、

今でも田舎ではよくあるらしいけど、あれってまず成果が出ないよね。。。

 

都内に住んでいると家にくるのは2種類の人間だけ。

 

彼らは成果が上がるからこそ飛び込んでくるんだと思っている。

その2種類の人間とはなにか?2種類の業種と言った方が適切かもしれない。

それは…

 

  • 電波屋さん…エヌエイチケーという組織
  • 宗教屋さん…エホバとかいう二人組の商人

 

何度、断っても繰り返し、執拗に訪れるエヌエイチケー。

来週の日曜日に来ると言うから待っていたのに、約束を平気で反故にしてくるのは1度や2度ではない。

約束を守らないビジネスマンに、どうしてお金が払えるのだろうか?

「国営放送として税金からとればいいじゃないか。GHQが公共放送NHKを作ったのが誤りのはじまりだよねー」と言ったら「日本が戦争に負けてよかったじゃないですか」と言った。国家や民族なんてくそくらえだと思っている私でさえ、耳を疑った…負けて良い戦争なんてやっぱりないんだよ。

反日放送局と怒る人が多い理由がわかったわ。

同胞が沢山死んで「彼らの死は無意味だった」なんてやっぱり言っちゃいけないんです。

一方、宗教屋さんは、自分の組織の話をまったくせず、聖書の解説をしたがります。

私のような庶民には休日である日曜日なんて概念がありません。キリスト教徒ではないので、すっかりそんな概念を捨て去ることにしました。

日曜日は幻想。

なんで7日周期なんだろう?6日で世界を作り7日で怠ける神を崇めるバイブルを信じて生きられるほど、現代の江戸の庶民は退屈ではございません。

この2つの業種の方々、成果が出るから、訪問販売を辞めないんだと思います。

これからも精一杯門前払いを繰り返して、彼らが訪問販売を諦めてくれるよう、ベストエフォートで努力するのが私の役目だと思っています。

大きなお世話は、思いやり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です